読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいにち きらきら

もっと今を愛さなきゃだね

櫻井くんと私の25日間戦争

2月25日、朝。

「櫻井くんが週刊誌に撮られたらしい」

 

 

 

____これが開戦の合図であった。

ここから約1ヶ月にも及ぶ櫻井くんと私の、いやアイドルとオタクの戦争が始まるのである。ということにしておく。(最後まで読めば分かる、多分。)

 

 

 

きっとこのブログを読むのは私のフォロワーさん、の中でもかなり物好きな人たちであると思われるので、思ったことをとにかく記録として脈絡なく綴っていきたい。あくまで1オタクの考えであり、一歩前に進むために気持ちを整理したいというだけの記事であるからこれを読んで評価云々ということは避けていただきたい。本当に。

弱小オタクの戯言なので。少数意見なことも書くだろうがご了承願いたい。

 

 

 

 

 

2月25日(土)いざ、開戦。

櫻井くんがいつ人のものになるのか怯え続けて毎朝起きるたびにワイドショーやSNSを見て何もないことを確認してからでないと不安で一日を過ごせないような生活を続けて2年ほど。もうこじらせてからそんなに時が経ったのか。休日は昼過ぎに起きる私が、しかも定期考査を終えた次の日である私がめざましも掛けてないのに朝10時に起きた。

 

なんだかいいことがありそうだ。

 

そうしていつものように真っ先に携帯電話を見た。いつもより通知が多い。何だ。

 

LINEを開いてみると「大丈夫?」「生きてる?」といったメッセージが友人から多数寄せられていた。今日は朝早めに起きたから生存確認される理由がわからない。何なんだ。ハイパー元気だよテストから解放されて。これからこっちはハチクロ見んだよ…

 

 

そうしてTwitterを開いた。なんだか騒がしい。いつもいない人たちも沢山いる。

 

 

櫻井翔くんが撮られた』

 

 

後ろ姿の写真もあった。

あ〜ついに撮られたのね、そうなのね、、

それにしても後ろ姿櫻井翔過ぎてなんで誰も気づかないんだ🤔美脚を台無しにするだぼついたズボン、見覚えのあるベージュのアウター、そしてキャップ…私なら絶対スクランブル交差点ですれ違っても分かる、無防備すぎる…

 

その上相手はめちゃくちゃハイスペック。

すごい。櫻井くんの女見る目すごい。流石すぎる。相手に敵うポイントがなさすぎて夢見させないね。アイドルだね。すごい。

なんか、良かったじゃん。

 

 

って思ってた。ぜーんぜん心に刺さってこなくて。幸せになってほしいなあ、やっぱりちょっと嫌だなあ、良い相手じゃん、でも櫻井くんは一般人と付き合うと思ってた、そういう相反する気持ちがせめぎ合って、結局何も感じなかったというか。当時は。

 

 

私ね、さらっと暴露すると12月辺りからSexyZoneの中島健人くんと掛け持つかどうか悩んでまして。まあこれについては追々話していきたいとは思ってるんですけども。彼を追いかけてるのがめちゃくちゃ楽しくてですね。櫻井くんの騒動があってもちょっと心が軽かったんですよ。多分フォロワーの皆より。

 

 

だからこの日は余裕ぶっこいて相手の女性のプレゼン用紙作ったりなんかして


f:id:Naaaa_sh:20170323235021j:image

もうアホですね。暇ですね。

これくらい他人事だったしメンタルも健康でした。まあツーショが出てなかったしな。

 

 

2月26日(日)様子がおかしい

ついに出たツーショ。

ここで様子がおかしいことに気付いた。

そういえばファンになってからこういう明確な報道は初めてだ。一旦真偽は置いておいて。あーーーーこんな気持ちなんか。急に切なくなってきた。別に腹立ててるとか失望してるとか裏切られたとか、そういった感情は今日に至るまで一度も抱いていません。

だけど悲しかったし、切なかったし、寂しかったよ。

 

櫻井くんが勇気をくれた言葉が本心だったのか?今まで私達にくれた言葉は本物だったのか?なんて絶対疑いたくなかったしね。

そういう思考に行きそうなときもあったんだけど櫻井くんの言葉はいつだって正しくて本当だって私が一番知っているから、だからこそもどかしかった…色んな媒体を見返していたらよくわからないけど泣けてきて死にそうだった。急に苦しくなってきてめちゃくちゃ雪が降った日だったんだけど雪かきもサボらせていただいた。

 

確かに自分の芯を持っている人だけど、意外と取り巻く環境とか、経験に応じて考え方が変わっていく人だから、分からなくて…

櫻井くんのこと知ったつもりでいて、いつも自慢気に友達に話していることとか、そんなのって櫻井くんの表面のほんの数ミリで、本当は何も知らなくて…誰よりも分かりたいのに、分かってあげられなくて。自分って何も知らないんだなあっていうのを改めて痛感させられて。そういうのがしんどいなあーって思いました。

櫻井くんって抱えてる劣等感(『自分はみにくいアヒルの子だ』っていうジレンマとかね)を原動力にして進んでいく人だし、誰よりも人の気持ち(善意にも悪意にも)に敏い人だと思っているので、そういうとこがめちゃくちゃ好きだしカッコイイんだけど糸がぷつんって切れちゃうと怖いな〜って思っていて。だからいつも撮られないように気を使ってきた櫻井くんがこんなに色んな話が出てくるなんて、もう全部どうでもよくなっちゃったのかなって怖くなりました。

 

そして何よりしんどかったのがオタクを見ること。同じ"好き"っていう感情を抱いてオタクやってるはずなのに応援できない自分と応援したい自分の狭間で苦しんでるオタクとか、好きっていう皆同じポジティブな感情を根底に持っているはずなのになんで苦しまなきゃならないんだろう…

うまく言葉には出来ないけど、とにかくそういう雰囲気に引きずられそうで嫌だったのでログアウト。

 

…とはいかず(笑)

 

 

2月27日(月)私のメンタルに異変

まず、日付が変わってすぐに週刊誌掲載写真が全て出揃いました。

 

あっすごい、、

顎にアッパー食らった。あっ気絶した。

 

 

みたいな(笑)

母親がオタク活動の良き理解者で最高の相棒なんですけどとりあえず会議を開きまして。

 

父が余計なこと言うんで泣かされましたけども。深夜2時。

 

だけど今まで何も情報がなかったのに写真を見たらみんな「女性の目線が狙ってる」から「やっぱり許せない」とか、殺すっていう乱暴な字がタイムラインを駆け抜けていくのを見ました。わたしは全然そんなこと思わなかった。そうやって真偽もわからない状態で相手方だけを悪者にしてあとから苦しいのは自分なのに…恋してる女の人の目だな〜ってぼんやり考えながら、この交際が本当にしろ違ったにしろ、こういう矛先の向け方はきっと櫻井くんがまたファン不信(?)に陥る要因になりかねないのでは。ああお願いだから機嫌損ねないで!損ねないで!って思ってた。

 

とりあえずその晩は就寝。深夜三時。

 

 

朝はいつもより早く起きて週刊誌探しに奔走。

外に出たら思ってたより空気が冷たくて痛くて涙が出た。失恋した乙女かよ。失恋したことないけど。ていうか恋愛偏差値0だけど。

 

その上コンビニ4件はしごしても見つからなかった。(どうやら地元は水曜日入荷だったよう)また泣きそう。学校近くのコンビニ手ぶらで出れなくてホット買いたかったのに間違って冷たいお茶握りしめたまま登校。ああ心が冷え冷えする。

 

教室前に刺客たちが立ちはだかっていた。

馴れ合いJK5人衆だ。

 

「おはよーなつ子!!!元気!?大丈夫!?」

「死んでるかと思った、、!」

「よく学校来たね絶対休むと思ってたよ、、」

 

あのなあまだ本人は交際認めてないし休んだほうが余計なこと考えて死ぬでしょ。よく分かんないけど混乱して全裸で北海道の大雪原走り回りだしそうで怖いわ。

 

「あはは😷ありがとう大丈夫だよ、多分、、」

 

あー乗り切った乗り切った。

ようやく教室のドアを開けて、リュック置いて、上着脱いで。

「あーおはよう!なんか大変らしいじゃん!でもお似合いだよね〜!結婚しちゃえばいいと思う!!」

 

 

アッ、、、、、、、、

 

想定外の方位から来た心ない言葉によくわからないけど泣かされました。私。何か言葉を返す間もなく涙。いや病んでんのかよ。気持ち悪いな。卒業式でクラスメート全員泣いてるのに私だけ泣けなくて心がないだの鉄の女だの言われた冷血漢だぞ。いや冷血女か。

 

色んな人たちに言われた。本当に結婚するのか、お似合いな人だね、、それはそれはもう酷かった。

 

昨年荒波に揉まれた二宮担と恨み節前回で1.2時間目バドミントンした。

 

学年に同担は3人いるそうだがほとんどが祝福ムードで辛かったのでTwitterミュートした。マジでごめんな。

 

ふとした瞬間に泣きたくなるしマジで危なかった。帰りも本屋はしごしたけど案の定売ってないし。帰りの地下鉄はぐるぐるスヌード巻いてて良かった。寝てるふりして泣いた(ガチ)

 

2月27日はまだまだ終わらない。

NEWSZEROの放送、の前に報道後初の相手の女性の番組。

 

ええ、観ましたとも。

 

あーよくできた女性だなと。

全然穴もないしね。余程粗探ししない限り。

 

本人はまだ何も言っていないからまだ白黒つけたくなくて。いろんな情報は入ってたけど。それに惑わされず信頼できるものだけを信じること、きちんと精査して考えることっていうのはね、忘れずにいたくて。櫻井くんがニュースを通して伝えたいことの一つだと思うし。だから付き合ってる前提で話をすすめるのはもちろん嫌だったし付き合ってるわけない!とも思ってなかったかなあ。

 

まあここで白黒つけないで曖昧にしてたからその後何も語られず宙ぶらりんな感じで生殺しみたいな日々を過ごす羽目になるんですけど。

 

ただ、櫻井くんから語られることや自分の憶測やフィルターを含めずに確かなものだけを信じていたかったんですよね。疑心暗鬼なひとたちを見ているのが何より苦しかったので。

 

私は他の人たちと違って

櫻井くんを信じていたかったわけではなくて、ただそこにある真実だけを見極めて信じていたかったんですよねえ。めんどくさいね(笑)だから結局切り替えつかなくて立ち直り遅かったんだろうなあ。

 

 

そんなこんなでNEWSZEROのお時間。

まあ案の定いつも通りですよね。ちょっとひげは濃かったけど。エライ人に怒られたりしたのかなあ、反骨心むき出しにして内心絶対苛立ってただろうなあ、真面目な顔して聞いてるふりして聞いてなかったとかないよなあ…

 

私には元気がないとか、笑顔が暗いとか、そういうふうには見えなかったかな。これはあくまで主観。

 

だけど、いつも通りでいてくれよ、ていうかいつも通りでいてこそ櫻井翔じゃん。

どんな裏があったにしろあんな風に撮らせて堂々としてて、櫻井くんらしい思い切った行動見せといて仕事は100パーで臨めません、ってやられてたらもうZERO見た瞬間ファン辞めてたわ。多分。

 

いつでも月曜の23時にあなたが凛としてそこに立っててくれるから、私は色んなことを頑張ってこれたし色んなことを知ることができた。やっぱ好きだなって思ったの。私の知ってる櫻井くんがやっと見えたって。ホッとして、好きなら良いじゃん、今までみたいに周り気にしないでこじらせ街道突っ走ってやればいいじゃん。って思ったのよ。

 

だけどZEROが終わってから急に、自分は

「誰かのものになる櫻井翔より、キャスターになっちゃう櫻井翔が、アイドルじゃなくなる櫻井翔がめちゃくちゃ怖い」んだなってふと思って。

何度か話が出ているキャスター転身の話。ステージ上終身雇用なんて声高に歌ったあなたがそんなはずないって思ってはいるんだけどここ1年微妙な変化を感じてて。先輩グループのこと、お父様のこと、色々あって考えが変わるのは当然で。だけどその変わった考えをこちらに見せてくれる機会がなかなか無くて。やっとインタビューって思ったらキャスターの話。熱意は分かる、ずっとずっと大切にしてきた場所なんだってのは分かる。だけど大事な場所の順番だけは変えないでいてよって去年の日経エンタ読んで危機感を覚えていたので。急に怖くなって。

 

誰かのものになっても、きっと時間を掛ければまた違う方法でも愛していくことが出来るって信じてた。今までと同じような夢は見られなかったとしても。

 

だけど、キャスターになっちゃった櫻井くんは、嵐じゃない櫻井くんは応援できないなあっていうのが私の考えで。

たしかに私は櫻井くんの過去も、未来も、傷も希望も全部ひっくるめた今の櫻井翔という人間が好きだけど、その中で一番好きなのはやっぱりアイドルやってる貴方で…

それを前提としてキャスターやってる櫻井くんが好きだから。

 

「キャスター同士の熱愛」っていう文字が踊る報道を見ながら怖くなっていったんですよね。どこまでもついていくって、私は私の愛し方を貫くって何度も宣言してきたはずなのに。

 

 

2月28日(火)冷戦開始

2時間しか眠れなかった…

昨日は長い一日だった。もう疲れてる。頭も痛い。それでも学校には行かねばならぬ。

 

地下鉄の中で異変に気づく。

待って、、、、櫻井くんにときめけなくなってる。

 

言葉にそれを形容するとしたら無だ。

 

かっこいい。かわいい。そりゃそうだ、顔はタイプど真ん中。だけど、今までそれに乗っかってきてた"ときめき"とか"きらめき"が一切失われていたのだ。たった2時間。十分とは言えない睡眠で。

 

その日、私の中に棲み続けてきた

『スーパーきらめきはちゃめちゃふわふわきゅるるんプリンセスアイドル櫻井翔くん』は息を引き取った。

 

我ながらものすごいフィルター掛けて生きてきたもんだな。なんて頭の悪そうなキャッチコピーなんだ。とふと客観視して笑った。

 

死んだのは私の中のアイドル櫻井くんだったのか、

はたまたファンの私だったのか。

今となってはもう思い出せない。

 

___冷戦の火蓋が切られた。

 

母が相葉くんのファンなのでこの後もいつもレギュラー番組はついてたしそれなりに情報も入ってたしCDも予約されてた。

 

沢山の赤い持ち物、SNSのIDにパスワード。

携帯の待受、LINEのホーム、手帳の予定。

いろんなところに櫻井くんの残り香みたいなものがあって、消せなくて。

携帯のギャラリーに入ってる写真たちも消してやろうと思ったのに消せなくて。友達と撮った写真はなんの躊躇もなく消せるのに(それはそれで問題あり)

いつでも櫻井くんを思い出せる環境に置かれていました。趣味でなければならないはずのオタク活動がもう呼吸と同等くらい、無意識のうちにあって当然のものになっていました。これは私の責任です。普通の人は趣味に留めていられるのだから。歯止めが聞かなかった私の責任。アイドルに求めるものが過多だったのかもしれない。無意識のうちに。

 

だけど「へーそうなんだ」って感じで今までどうやって櫻井くんを見てきていたのか忘れてしまった。思い出したい。まだオタク辞めたくない。しがみついていたい。

 

夜会見た。バイキングの盛り合わせの仕方が汚すぎて相変わらずだなあそういうところ、でもナイフはきちんと揃えちゃうところ、飲み物はオレンジジュースなところ。好きだったよ、って思ったんですよ。

 

好きだったよ。って。

 

ああもう戻れないのかもしれないなあってなんとなく思いました。

私降りる降りる詐欺師で(笑)身内のオタクにはいつものことかよってきっと思われてたんだけど、もう危機でした。

あんたがオタク辞めたら地球が終わる、世界平和のためにも頑張ってくれよっていうネタももう笑えない。ごめん、1番辞めそうにないと言われた私が皆を置いてヲタ卒すること、許してくれ。懺悔。アーメン。

 

櫻井くんのオタクをやめるならば、中島健人くんにも降りない、もうこれきりで沢山の夢を抱えたこの事務所の夢を買うのはやめにしよう、ええいヲタ卒だ!と決断し。

 

少しずつ、少しずつ櫻井くんと距離をおいて清々しい別れの準備をしてやろうじゃないかと。

くよくよ悩んでる暇があったら勉強して化粧も勉強して自分を磨きまくって自分の大切な人と幸せになれるように、あなたより私幸せになったんだぞ!!見たか!!ってやってやれるように前を向こうって、思ったんです。

櫻井くんが教えてくれたからちゃんと進もうって、思ったんです。

 

櫻井くんは私にたくさんの幸せを、笑顔をくれました。色んな景色も、夢も見せてくれました。

なのに私は櫻井くんにそのどれもを返すことができません。返す術を持っていません。

こんなに大好きなのにね。

 

今まで費やしてきた時間、お金、その全ては自分の意思によるものですし宝石箱みたいな、キラキラ輝く大切にしまっておきたいものです。一片の悔いなし。だから櫻井くんに自分の気持ちの見返りを求めるつもりなんて微塵も無いんです。ただ、私は櫻井くんにもらってきたもののお返しがしたかった。

私のことなんて知ってるわけないし、お返しなんていらねえよって笑われるかもしれないけど。それでも、自己満足でも、頑張れる自分で居たかったんです、ずっと。

だからオタクを辞めたら櫻井くんがいなくても立っていられる自分にならなければ。全てにおいて。そのための準備をしよう。そう思いました。

 

高校生にもなって櫻井くんがいないと頑張れないなんて、本当にみっともないですけど。

 

オタクにもちょっと疲れちゃったし。

きっとこんなに情熱注げるものは後にも先にもないだろうけど、とりあえず休憩しよう。

 

3月15日(水)オトノハ更新日

なんか微妙なことしか書いてなかったのでオタク活動についての決断は延期。

 

3月20日(月)櫻井翔さん主演映画が決定

どうしたことだ。

 この発表を見た時、めちゃくちゃドキドキした。嬉しかった。

 

まだ私にもオタクとして自担の仕事を喜ぶ心が眠っていたのだ。

待ち望み続けた演技の仕事。

あまりにも演技してくれないもんだから(エンブレムやってたのにね、強欲でごめん)櫻井くん無職なのかと思っちゃってた。嘘だよ。でもやっとキャスターじゃない櫻井くんが見れるし。嬉しかった。

 

指の間からさらさら零れていく砂みたいに気付いたらあんなに熱中していたものから気持ちがすっと引いていってて。好きなのに苦しくて。もうすごいんだよ!アイドルパワー!テレビ観ても何も思わないくせに読んだ恋愛小説の一文とか曲の歌詞の"君"や"あなた"がね、いつの間にか全部櫻井くんに置き換えられてんの(笑)気持ち悪いよね〜そういう感覚一生櫻井くんにはわからないと思う。っていうか知らないあなたでいて欲しい。

めんどくさい私でごめんね。

 

だけどすっごく嬉しくて。

まだ私櫻井くんの事好きでいられるかも知れないって思った。

アイドルやってる櫻井くんを確認できる場が直近でFNSだったので、FNS観てもう決めちゃおう、このまま先延ばしにしても苦しいだけだ!と決断。

 

三池監督の映画、あんまり好みじゃないけど東野圭吾の本は大好きだし2018年楽しみ。たのしみたのしみたのしみ。うれしいーーーーーー!!!!!そう、オタクってこういうもんだった好きな人の活躍だけを祈る世界だった。なんて美しい夜明けだ…

(オタ垢のいいね欄が中島担?相葉担?みたいになってたことは突っ込まないでくれ、櫻井担です…面目ない…)

 

 

3月22日(水)FNS歌謡祭。そして…

ついに来る3月22日。

新曲披露日。

 

アイドルなんだからそれなりにビジュアルはちゃんと保っていただかなきゃ。

参照画像くらいの顔の小ささにきらめき度。

これ必須でしょ。
f:id:Naaaa_sh:20170326192219j:image

 

って感じで挑んだんですけど

全面降伏でした!超かっこいい!!!!!

顔パンパンだし衣装で首ないし動きもニブイけど!!!!やっぱりアイドルしてきらめきばらまいてる櫻井翔くんは最高だ!ただいま世界!

 

と思ってこのブログを書きはじめました。

自分の気持ちをまとめることがうまくできなくてもう今日は26日。記事書き始めて5日目。自分の気持ちなんて結局全然うまく書けてない。でもこれでいいんです。私が嵐に出会った11年半、櫻井くんを好きになった8年は私だけのもので、分かられてたまるもんか!って思うんです(笑)

 

しかもブログ書き始めて5日も経つとブレてきてる自分がいて。マジで面目なさすぎるけど。

 

擦り切れるほどI'll be there観てたら(悪い癖)櫻井くんのスーツ姿がキャスターやってる時と何ら変わりなく見えてきて途端にきらめきが失せるっていう(笑)はーーーー、まじめんどくさいな…まだまだ不安定でうまく戻りきれないのは私自身の性質のせいです、めんどくさくてごめん…

まあリハビリ期間みたいなもんなんで次の現場までには完全復帰!を目指して頑張ります!

 

これにて終戦。

 

 

なぜ、戦争が起きてしまったのか

では、なぜこのような事態に至ってしまったのか。櫻井くんが息を引き取る(正確には危篤ぐらいで済んだが)ことになってしまったのか。

 

端的に言うと私の性質的な問題なんですね。

だけど、こういうジレンマを抱えているのは私だけではないと信じていたいのでオタクとしての私の気持ちを少し記してみたいと思います。

 

好きな人にのめり込んでいくということ、長い時間を掛けて好きな人を知って惚れ込んでいくという行為は人を強くすると思います。色んな意味で。そして欲張りにもします。

 

私は色んなことを気にしやすい性格で、そのせいで上手く行かないことが多いです。

それはオタクの世界でも同じで、出来るだけ叩かれたくないし、できるだけ皆との差異は気付かれたくないし…そういう臆病なオタクです。胸を張ってこういうところが好き!好き!って自分の言葉では怖くて言えません。情けないけど。でも、初めからそうだったわけではないと思うんです。

 

櫻井くんを好きな人たちは、いやきっと違うものを好きな人たちも。一定のラインを超えると自分の思っていることをアウトプットしたいし、共有したいって感じ始めると思うんですね。

櫻井くんの事を好きな人たちは、いろんなことを知ってて、その人たちの背景にいろんな人生があって、いろんな考えがあって。見ているのがすごく楽しい人たちが、色んな才能を持った素敵な人たちが、沢山います。

 

だからこそ意見がぶつかりあう時ってあると思うんですね。Twitterってやっぱり言いたいことを言っていい場所(ある程度の節度はあるが)だと思っています。

 

だけどその意見のぶつかり方が、私はちょっと苦手で。

私自身はお互いの価値観なんて埋められるわけがないけど、少しは分かりたいと思うし、歩み寄ってみたいと思います。いいと思ったものは取り入れるし、ちょっと違うかなあ、難しいかなあって思ったものは新しい考えの一つとして捉える。そういう風にして色んな考えを吸収して、培って、すくすくこんなオタクになりました!って感じなんです(笑)

 

だけど、その価値観の差異を是としない人たちはやっぱりいます。それは当然です。

だけどその価値観のぶつけあいに「死ね」といったような乱暴な言葉は必要なんでしょうか?ひらがなで書いたってその言葉は刃です。自分に言われていなくても、ドキッとします。乱暴な言葉にはちょっとしたトラウマがあるので。

 

例えば、櫻井くんと一般女性がテレビで触れ合ったとき。嫌悪感を感じる気持ちや、羨望する気持ちは分かるけど、それが死んで欲しいなんて気持ちにはつながらないです。皆も繋がってはいないはずです。でも簡単に乱暴な言葉が飛び出してくる。

 

例えば、櫻井くんが貶されたとき。

櫻井くんが大事にしている場所で、戦っている場所で少し行き過ぎたイジりがあったら。

不快に思うときは私もあるけど、だからって消えて欲しいなんて思わない。

 

だって私達だけが知っていれば良くないですか?櫻井くんの良さなんて。国民全員が共感できるわけじゃないんだし。知られ過ぎたら知られすぎたで寂しくなって嫌になって、でももっと知ってよ!!そんな人じゃない!ってまた嫌になって。そういうめんどくさい生き物でいいと思うし、そうなってしまうのは好きという絶対的な感情の前では仕方ないことだと思う。

 

いつ何時も、櫻井くんを好きというポジティブな感情のせいで誰かを貫くかもしれない刃を、ネガティブな感情を持ちたくない。そういう言葉たちがタイムラインにあふれていくのを、私は黙って見ていられない。

 

それが、今回は自分に向けられました。

 

『降りるかどうか迷ってる奴なんて邪魔、早く辞めてくれ』

『そんなやつ本当のファンじゃない』

『同じオタクとして価値無し』

 

 

私だってさっさと決断したかったんだ。

だけど10年以上生活の軸に居座ってきた人を急に失ったら何が待ってる?

___おそらく死が待ってます。

ずっとずっと、私の人生を支えて彩ってくれたものを急に失います、はいさようなら。

なんて無理じゃないですか?あなた出来ますか?自分の中で筋通せないことは言わないで欲しい。

苦しいのは嫌いだから辞めたかったよ私だって。だけどそれにもある程度の時間がいる。周りには理解のあるオタクがいない。吐き出す場所がない。じゃあTwitterで。しかも弱小オタクだから鍵垢こもって。それでもどうやら駄目だったようです。

 

Twitterはポジティブなコンテンツであるべきだという理念を掲げて見たいものだけを見られる場所にしていようと思っていました。そうしたら狭いつながりになってしまって、見たくないものを排除しようと思っても排除してしまったら周りとの関係がおそらくギクシャクするだろう、ということが増えました。これは私のせい。10年以上オタクやってきて未だにそういう社会に適応出来ていない私のせいです。

 

だけど、オタクとして価値がないだとか、邪魔だとか。どうしてオタクの人に判断されなければならないのか。櫻井くんに邪魔だなんて言われたこと、一度もないのに。どうして本人以外の人に貴方の存在意義はないからって排除されなければならないのか。

 

櫻井くんを思う気持ちに重さも、大きさもないはずなのに。どうして欲張りになるんだろう。

私も嵐も、取り巻く環境、積んでいく経験は移ろうのだから変わって当然です。いくら変わりたくなくても。だからどっちが変わったからうまく行かないなんてのは水掛け論で。オタクが論争していることって大抵水掛け論だから決着つかなくて。

変わっていくことが嫌だったわけじゃない。寂しかったけど。でもオタクは変わっていけば変わっていくほど、難しくなっていくな、と感じていました。

 

もし私が櫻井くんを思う気持ちが邪魔なら、必要ないなら。

私が櫻井くんを思って過ごしてきた時間、櫻井くんのおかげで成長できた自分が、櫻井くんがいたから今こうして生きている自分が、櫻井くんの言葉が導いてくれたやっと少しは自信を持てるようになった自分が邪魔だというのなら、価値がないというのなら。

いっそのこと殺してくれ、って思いました。

 

櫻井くんが少し先の未来で手を広げて待っててくれたから、その言葉で私を奮い立たせてくれたから、私は今ここに立ってるし少しは自分を好きになれたかなって思うの。

櫻井くんは私のアイドルで、スーパーヒーローなんです。

 私にとっての櫻井くんと、あなたにとっての櫻井くんは違う。当然です。オタクの数だけアイドルの形があっていいはずです。

 

櫻井くんを思うように好きになれないこれからの私は邪魔かもしれない。たしかに中途半端だし。そうかもしれない。だけど過去の私までは消さないで欲しかった。

 

櫻井くんから離れた約一ヶ月。

別に生きてこれなかったわけじゃないよ。

櫻井くんが私を作ってくれたから、少しは一人で立っていられる自分になってたよ。

だけど全部つまんなくて、上手く笑えなくて、眠れなくて、頑張り切れなくて。

色んな歯車がちょっとずつずれていった。

 

一人じゃまともに生きていられない私はみっともないけど。

櫻井くんが頑張ってたから他の人よりは好きになれた勉強、ラップが知りたかったから出会えたことばの世界。櫻井くんが教えてくれた笑い方。

今の私を形成しているものほとんどが櫻井くんがいたから、形成されてきたものだから。

 

櫻井くんがいないとうまく行くはずないんだよね。まだ、今の私は。

 

 

番協にも行けてないし、アリーナ席も取れてないし、俺ソンも聞けてないし、ソロコンリベンジもできてないし、まだまだ叶ってないことがたくさんある。未練がありすぎる。

 

だから、もう少し、頑張ってみます。

櫻井くんがいなくても立てる自分になれるまで。今より少しは堂々とした自分になれるようにアカウントは、新天地で。

鍵もかけないし明るく楽しいオタクになれるようにがんばります(笑)

 

 

また出会えた時は、

永すぎた春に別れを告げているかもしれないし、セクシーな青色のお兄さんのトリコになっているかもしれない(笑)

このブログの更新は続けていくかもしれないし、続けないかもしれないけど

みなさんに出会えて本当に良かったです。こんなに長い文章を最後まで読んでくれてありがとう。

 

みんな根底には同じ好きっていう気持ちを持っているんだから、これ以上誰かを傷つけ合うような悲しい争いが起こりませんように。

強火のみんな(もはやISと呼ぶべきだろうか、という人たちもいるが)好きなのに降りれないみんな、好きという気持ちが憎しみを引き起こしてしまったみんな、理解し合えなかったとしても、っていうか理解し合えないだろうけど、私はやっぱりみんなに櫻井くんを好きだった!っていう晴れ晴れした気持ちのまま去ってほしい!ていうか出来ることなら去っていってほしくない!うまく友達が作れない私に櫻井くんが好きっていう仲間はたくさんいる!っていう自信をください。何万人、何十万人の仲間がいるんだって思わせててください。

 

 

 

長ったらしい上に結局何が言いたいかもうまく伝えられず、何だったんだよ理解できなかったよって思ってる人がたくさんいると思うけど。それで正解です(笑)私にもよくわかってない。()

だけどちょっとスッキリしました!

いつでも私に大切なことを教えてくれる櫻井くん、愛してるぜ!!!もう少し世渡り上手な自分になって帰ってきます!

映画楽しみにしてような!

 


f:id:Naaaa_sh:20170326221439j:image

 

誘われてきます、ちょろオタミステリーワールド。

オタクとオタクの25日間戦争も、これにて終戦。

"仕舞いきれない想いの残骸"問題

先ほどの記事に触発されて

 

 

ひとつ、ラップのことで書かなければならないことを思い出しました。

 

 

 

小学6年生のなつ子ちゃんは、How's it going?に収録されているパレットが大好きでした。

 

別れの切ない歌なのに、なんだか暖かくて。そして櫻井くんのラップがすごく素敵で。

 

よく聴いていました。

 

 

パレットという曲の概要を説明すると、

 

 

恋人としては続いていくけど

離れ離れになってしまう

 

という歌ですね。

 

 

"「いつまでも好きだよ」って"という歌詞や

"きっと色褪せずに"

 

"まるで二度と会えない別れみたいに"

 

と言っていることから、恋人としての関係は続いていくが、何らかの理由で離れ離れにならなければいけなくなったのかなと推測できます。

 

 

彼が夢のために上京するのかな?美大生になるのかな???それで遠距離恋愛になるのかな。

 

 

なんていろいろ考えていたんですね。

 

 

頬を伝った雫の中に

仕舞いきれない想いの残骸

月の光が 唯一の灯り

無理だったね 笑顔でバイバイ

 

これがパレットのラップなんですが

めちゃくちゃキレイじゃないですか?

特に最初の二行。

仕舞いきれない想いの残骸っていう歌詞がもう最っ高に好きで。

当時文学少女だったなつ子ちゃんは大変感銘を受けたわけです。

 

 

これからもずっとずっと大好きなはずなのに、離れるのが寂しくて涙が止まらないよ、っていう超純愛ソングっていうのが私の中でのパレットの立ち位置。

 

 

 

しかし。あの曲を初めてきちんと聞いたあの日から、私の中の純愛のパレットはどこかへ行ってしまったのです、、

 

 

実は私の大のお気に入りの歌詞

仕舞いきれない想いの残骸

 

 

という歌詞が出てくる曲がもう一つあります。

 

そうです。

翌年発売されたアルバムいざっ、Nowに収録されているアレです。

 

 

The bubble(以下:泡)という曲です。

 

 

曲はウォークマンに入ってたけど、いつもは飛ばしちゃう、みたいな部類にいたこの曲。

 

 

世界の巨匠サトシオーノの伸びやかなフェイクと櫻井くんの低音ラップが効いててめちゃくちゃ格好いいし超絶エモいです。

 

 

まあ当時の私が泡を初めて真剣に聞いたわけです。

 

 

なんと、私が純愛だと信じて疑わなかった

 

"仕舞いきれない想いの残骸"

 

 

は、一年後、とんでもない姿に形を変えていたのです。

 

 

 

なんと、この曲は

"彼女の浮気に気付いてるけど別れたくないから聞けない男"の歌なんですね。

 

 

 

、、、、もうショック。

むり。

 

 

あんなに愛を誓いあったのに。

似顔絵まで書いてあげたのに。

 

いつまでも好きだよって、閉じたパレットに褪せない愛を込めたのに。

 

 

 

 

衝撃の展開を迎える訳です。

 

 

「仕舞いきれない想いの残骸」

いやに出るのは想いの反対

 

 

そう。この歌詞さえなければ。

この歌詞さえなければ、パレットと泡に繋がりがあるなんて考えることはなかったのに。

どうして同じ歌詞にしちゃったんだよ。

 

櫻井くんのことだからきっと繋がりがあるんだよな?そうなんだよな?と半泣きで調べたところ

 

「なんで書いたか覚えてない」だの「理由はない」だの、、

 

 

もう泣きましたね。

あなたのそのペンがファンの純愛の夢をひとつ破壊しました。せめて考えていてくれたら良かった。(もしかしたら言えないようなハードな設定があるのかもしれない(ない))

 

いつもは素敵な未来を創造してくれる櫻井くんのペンも、夢を壊すことがあるようです。

 

 

かれこれ5年以上根に持ってることになる。

 

 

このままこの曲たちを不幸なままにしておくのは納得いきません!ハッピーエンドにしたいです!!!

 

 

なので、私が勝手に裏設定を作ってそちらの設定を前提として皆さんには聴いていただこうと(自分の考えを押し付けるダメなオタクの典型)

 

もうそっちを通説にしちゃいましょう!()

 

 

 

まず、素直に聴いたらこういう曲の流れ

 

愛を誓って離れた相手に浮気相手がいることを知りつつも別れたくないから別れを言い出せない男、でももうすべての関係が壊れてもいいから言ってしまいたい

 

これを今からハッピーエンドにして行きたいと思います。

 

仮説1 彼女に片想いしている男の子の歌

 

女(彼氏持ち)の大学の同級生かな?それなりに仲が良くて女に思いを寄せている男の子がいるわけですよ。彼女と宅飲みして彼女が忘れていったケータイ。掛かって来た電話のディスプレイに表示される知らない男の名前。

出てみたら言われる

「ここで寝てるよ」ですね。

既に全然ハッピーエンドじゃない()

まだ自分の気持ちはバレてないけど、言ってしまいたい、どうしよう、すべてを投げ打ってでも良いから伝えたいけど、でもあの人には彼氏がいる、、、

切ない片想い男子。

 

 「いやに出るのは想いの反対」が一番通るのはこの説だなあと思います。

 

ただこれだとパレットとなんの因果もなくなってくるなあ。次行こう。

 

 

 

 仮説2 彼氏の同級生と彼女が不倫

アッもう2個目にしてやってしまった。

ダークネスモード。

 

 

"横にいるそいつ"が誰なのか、

彼女の浮気を疑っていた彼が

土曜の夜23時に(細かい)電話かけたら

 

「ここで寝てるよ」と、

横で寝てるそいつが!!!!地元では同級生で一緒にアホなことしてた仲の男の声が!!!!!となるわけですよ。

 

僕のほうがもう誰より多くを知っているよ、だからもう全部言いたい、元に戻せなくなっても、どうか僕に言える力を!!

 

本当に俺の事好きなの?

似顔絵まだちゃんと持っててくれてるの?

あの言葉は嘘だったの?

 

あーもうすぐ昼顔にしたがる性格出てごめんね()

 

 

あれ非情ですよねだって大野智くんに

「ここで寝てるよーーーーーーーーーーーーって」って謎のロングトーン歌わせるんですよ、あの長さはしんどい。

大野智くんの美声を楽しめるパートなはずなのに意識飛びそうになる。

 

だけどこれじゃ「いやに出るのは想いの反対」が説明がつかない。

 

ていうか展開がもうベタ。

占いツクールかよ。

 

よし。じゃあ仮説1.2を融合してみたいと思います。

 

 

 

 

仮説3 彼氏が浮気してるのを知ってた彼女の浮気相手が本命になろうとしている

 

すんごいドロドロになってしまった。

 

 

まあ彼氏もね、浮気してるんですよ。

都会には誘惑がいっぱいだから!バレるはずないだろうと!彼女のことも好きだけどちょっと遊びたくなっちゃった訳ですよ。

 

 

そこで彼女が親しい男友達に相談する訳です。彼氏が浮気してるかも知れないんだけど、どうしよう、、、、

 

泣きつかれた男は高校1年生の頃から彼女のことが好きだったわけですねおそらく。

 

この子を泣かせるなんて許せねえよあいつ、なんとか助けてやりたいっていう思いと彼女を手に入れるには今がチャンスなんじゃないか、、?という想いが交差するんですね

 

 

それがせめぎあった結果、彼女を慰めるふりをしてじわじわと彼女の心に侵食して、彼女と半同棲状態に。

 

 

だけど、ずっと好きだったとは告白できない。だって浮気はしてても愛し合ってるから。二人の関係は壊せない、どうしようと。

 

 

 

そんな時です。

彼女が彼氏のところに遊びに行ってくると言い出したのです。

 

彼は焦りました。

浮気について問い詰めてまた二人が一途になってしまったら自分には入る隙がないし、かといって別れてしまっても相談に乗って寂しさを埋めてあげるという口実で家に入り浸っている自分の役割が失われてしまうと思ったのです。

 

 

結果、彼女は東京へ向かってしまいました。

"彼ね、まだ私のこと大好きだった。大丈夫だよ"

 

とLINEが届くんですね。

 

そこで男は電話を掛けてみます。

そうすると例の男が出るわけですね

"ここで寝てるよ〜"って、のんきに!のんきに言いやがるわけです!

 

だけど自分のほうが女のこともお前のことも知ってる、俺が一番全部知ってんだよと。

おまえ彼女が来る前日女と寝てたろFacebook見てたらだいたい分かるわ(闇)と。

 

 

ああもう全部言ってしまいたい。

彼女はこのままじゃ幸せになれない、

俺にしなよって彼女に言いたい。

 

 

自分がやってることを棚にあげて

お前なんて別れちまえよ!って言いたい。

 

ああ

どうか僕に全てを伝えるだけの力を…

 

 

っていう歌。

これが一番辻褄合いますよね。

 

 

もしこれが韓国ドラマだったら告白を決意して待ち合わせた場所に向かう途中で彼女が事故に遭って記憶喪失してかれぴがオイシイとこもってくやつ。〜完〜

 

 

 

、、でもまって?

私ハッピーエンドに持っていきますね!って宣言したよな?まって、どの仮説も闇深物件。どうしよう。

 

 

結論 こんな切羽詰まった歌でハッピーエンドを考えるのは不可能

 

 

櫻井くんのペンで紡がれる素敵な言葉たち。

特定のメッセージを伝えるため意図的に使い回されるラップ。

 

そんな中で

特に意味もなく使いまわされた

"仕舞いきれない想いの残骸"

 

いくらそのフレーズが綺麗で気に入っていたとしても。その気に入ったフレーズでひとつの夢をぶち壊しました。彼。

 

せめて泡は"溢れる思いが止まらない"とかね!同じニュアンスでも今流行りのGReeeeN風にしといてくれればね?この曲達の因果について考えることはなかったのに。

 

 

 

でもお陰様で想像力がまたひとつ鍛えられました結果的に櫻井くんのラップありがとう!サンキュー!!!!

 

 

 

これを読んでパレットを純粋に聞けなくなった人がいたらごめんなさい。

あなたの新たな泡の超歪曲解釈、お待ちしております。私だってハッピーエンドにしたいから!考えてみてもらいたいです。

音と言葉紡ぎ描く芸術

 今週の日曜日、私はとんでもない企画を発見してしまった。

 

 

 

そう。

櫻井翔ラップ大賞2017である。

 

なんて画期的かつ革命的な企画なんだ…ジーザス…

 

もともとジャニーズ楽曲大賞に寄せられる才能を持て余したオタクたちのコメントを読み漁るのが大好きだった私。 

 

普通のオタクでも秘めたる才能を爆発させているのに特に言葉に敏感でどことなく知性がある(私調べ)な櫻井翔くんファンの皆さんが本気でその才能を大爆発させたら?

 

むり!めっちゃみたい!それ知れただけで価値あり!!!!!

 

 

その上テーマは『サクラップ』と来た。

これ解釈の仕方が人によってめちゃくちゃ変わるやつ。もう楽しい。見る前から楽しい。

 

 

そこで私はみなさんのツイートやはてブにお邪魔させて頂いてもうしあわせホクホクな気分で今このブログを書いているわけです。

 

 

いやあ〜もったいない。

もったいないね櫻井担。

 

こんなに面白い文章が書けるのにね!どうして隠れてるの!!!もったいない!

 

 

まあきっとその才能が遺憾なく発揮される対象は興味のあることだけなんだろうね。だから永遠にオタクなんだよね、、シクシク、、

 

 

 

だけど私にはそんな爆発的な才能はない。

見ているだけでいるつもりだった。

 

一応ブログをやっているけど基本的に自分の考えを整理するために投稿しているようなところがあるから、マジで面白みがない。

 

 

マジでガチでつまらない普通〜〜の櫻井翔くんファンな私。

 

その上ラップについて語るなんて、私に出来るだろうか、、、櫻井くんの素敵なラップを私の言葉で発信することによって500tくらいで圧縮されてペラペラ通り越してもう粉々じゃねえかよ!原型とどめてねえよ!

ってなってしまうのがすごく嫌で、今まで手を付けたことが無かった。

 

 

だけど本当は新曲が出るたびにリリックを書き出して分からない言葉の意味を調べたりしながらラップ解釈を(勝手に)やっていたりする。すん〜〜ごい楽しいんですよね、実は昔出した曲との繋がりがあったり(と勝手に思っている)とかね。

 

いつか調べたいとは思っているんですけどHIPHOP文化や本格的なRAPへの造詣は今はまだあまり無くて、そういう音楽的な面から櫻井くんすごいな〜!って感じられるほどの知識じゃないのであまり語れることはないんですけど、この韻の踏み方シビれる!とかこの言葉の流れが綺麗だな、とかそういったことはたくさんたくさん感じてきたことがあります。

 

 

今回、色んな方々のブログを読ませて頂いて、すごく楽しませて頂いたし櫻井くんが好きだ!櫻井くんのラップが私は好きなんだ!と本人には届かずとも外部に発信できる良い機会だなと思ったので、初めてこういった記事を書かせていただきます。

 

 

それでは本題に移ります〜!

-------------------------------------------

櫻井翔ラップ大賞2017

【名前】なつ子

 【担当】櫻井翔さん

 【好きなラップ】

 

"好きなラップ"を考えてみたんですけど

どうしても、どうしても!

 

3つには絞りきれず。

どうしようかなと思ったんですが

 

 

本当は一番大好きな()Hip pop boogieですとか、Re(mark)able、COOL&SOUL等々の所謂『みんなが挙げる』であろうガチガチの名曲のランクインは控えさせて頂きます。

 

きっとそんな素敵な曲達にはもっと才能溢れる素敵な方々が素敵なコメントを添えていらっしゃると思いますし、ブギーに関しては1記事分くらい書いてしまう気がしますので(笑)

 

今回は"みんなに改めて聴き直して欲しい!櫻井くんのすごいラップ"をテーマとしたベスト3を挙げさせて頂きます。

 

 

これじゃあ櫻井翔ラップ大賞2017の本旨からは若干ずれてしまう気がしますが(笑)

 

とりあえず書いてみたいと思います。 

 

3位:Asterisk

理由:純粋に表現がめちゃくちゃ綺麗。

私と櫻井くんはきっと同じ宇宙を見ている(?)コンサートのOP曲でキラキラ3割増しだったのもあるかもしれないし、ファンライトの星空が綺麗だったからかもしれないけど、櫻井くんがラップ歌ってるあの瞬間はたしかに同じものを見つめていたはずだ。って言えるくらい的確な上に綺麗な表現で

詩的にもとても好きだなと思います。

国語の教科書に載せてくれたら私それだけで寝ないで1年保つのにな()

 

 

2位:Tell me why

理由:櫻井くんってラブソングのラップも描写がめちゃくちゃリアルでなんかヤラしい()ですよね。ああいう曲書いてる時って想像しながら文字に起こしてんのかなやっぱ。言葉だけ降りてくるわけないもんなあ。ていうか女の子と一緒にいる時そんなこと考えてんのかな櫻井くんったらえっち…スラッシュスラッシュ

 

ってなっちゃうオタクなんですけど

(言うてコンサートで聴いたら悲鳴上げまくってめちゃくちゃ興奮している、多分インザルームのラップの間だけで5人は子供産んだちょろおた)

 

Tell me whyだけは毛色が違った。

櫻井くんの心の奥に蔓延る闇を見てしまったのかもしれないと感じて一度聴くのをやめてしまった曲である。今はめちゃくちゃ好き。

 

まあ櫻井くんには深い闇があるらしいですし


f:id:Naaaa_sh:20170211004656j:image

 

私はこの曲を闇深ソクバッキーDV彼氏の曲だと解釈しています(超歪曲解釈)

しゅがそるの女々しさとは訳が違う。この引きずり方。あれはあれでしんどいけどな。

 

 

この曲はワケアリで好き同士なのに別れてしまったカップルの曲ですが、その訳は明かされないままです。

 

だけど、愛を信じられず怯えて暮らしている彼がやっと見つけた愛しさを受け止めきれずに好きだという気持ちを上手に表せない、というような描写が歌の部分に出てきます。

 

はじめてこんなに好きになって、愛を知ったのに、こんなに幸せで絶対に守ろうと決意したのに、その愛情の矛先はまた"疑うこと"であり"縛ること"であった、と感じます。

 

きっと彼女はそんな生活に耐え切れず好きだったのに家を出た。だけど彼は"君は今どこで誰に素顔見せてるの"と思っている。

 

"笑い合う日"もあったのに、

"バカねと呟き泣いた目"に何も言えなかった。

 

昔は幸せだったのにいつからこうなったんだ、と自己嫌悪に陥る彼ですが。

 

それじゃあまた逢えたらね

"またね"

No...please back again

 

いやいやいや!!!!!!!!!

嘘でしょ!!!!

 

10何年前まで

あ、サヨナラじゃないよね、また会えるから。

 

…YO!YO!YO!

 

ってなってたやないか!!!(ディスってない)

 

溢れでる狂気。

 

「またね」ってドアが閉まって

 

「もう戻ってくんな」

という激情。めちゃくちゃ怒っています。

 

もうこわい。

スイッチが入ると乱暴してふと我に返って

ごめんね、俺ダメだねって落ち込むタイプ、

なのにいつもより遅く帰ってきたりするとどこ行ってたんだよ誰といたんだよ、どうせ俺なんかよりイイ男といたんだろうって疑ってかかってどんだけ違うって言ってもスイッチはいっちゃうタイプ。あーこわい。自分の想像力が怖い。

 

 

だけど自分の中に全く無い発想だとしたら書けないと思うので、

 

いつもニコニコしていても

"あーもう全部どうでも良いよ好きにしろよ"って投げやりになる時とかもあるのかもしれないなあって。

 

すぐご機嫌斜めになっちゃうし素直じゃないから自分が悪くても可愛くないこと言っちゃうタイプだと思うので、多少はそういうところがあると思います。

 

心の闇、少しだけ想像させてくれてありがとう。ごちそうさまです。

 

これ以上はちょっといいかなo(^o^)o

 

 

1位:スサノヲ三銃士(COOL&SOUL,Rock this,心の空)

理由:一曲じゃないんか〜い!!!!!!ちゃんと決めなさいよ!!!って思いましたよねみなさん?私も思いました!しかもあんなに前置きしといてCOOL&SOUL入ってるしな!!めちゃくちゃやなこいつ!!!!(スライディング土下座)

 

だけど私の中ではこの子たちはセットなんですよね。どうしても。切っても切り離せないというか。

櫻井くんのラップには日本の神話に出てくる人物?神様?たちがよく登場していますよね。

Re(mark)ableにも直接的な描写はありませんがそれを連想させるような歌詞があったり、Hip pop boogieにもアマテラスが登場します。もしかしたらまだ私が見つけていないところで櫻井くんは仕込んでるかもしれないし(笑)

 

櫻井くんの中で意図的に使い回されるラップって結構あるけど、スサノヲ様のラップが辿る変遷がやっぱり一番好きだ。

 

で、謝罪しておきますがスサノヲ三銃士と言っておきながら、COOL&SOULにスサノヲは出てきません。()きっと皆さん気づいていたと思いますが。

ご容赦ください!私今ルール違反にルール違反を重ねてしまってる感じですけど!許してください!!!アマテラスは出てきます!!!!

 

でもすごいと思いません?

10年以上櫻井くんのラップに一貫性を持って登場してるものってこれしかないと思うんです。

 

自分なりの解釈をしたくて日本神話にめちゃくちゃ詳しくなってしまったんですけど私ラップ書かないので活用する場所がなくて困ってます。どうしよう櫻井くん。

(今は高校で古文を習ってから『夏の名前』のラップに古文的な要素を含んでるって櫻井くんが言ってたからちゃんと勉強してからリリック見てめちゃくちゃ綺麗じゃんー!!!!!最高のラップ!いやもう古文存在してくれてありがとう地球ありがとうってなって今は古文の読解にハマってます(極端)でも模試で強いよありがとう🔥)

 

 

話が逸れちゃったんですけど。

スサノヲ様ね。本気で3曲分解釈入れると大変な文量になってしまうから端的に紹介しますね。

 

まあCOOL&SOULは嵐の宣戦布告的な歌という立ち位置だと思うんですけど。

 

アマテラスの頃から 俺らは地上の遥か外側

 

自分たちこそがスサノヲ(=嵐、暴風雨の神様)であるよ、と言っているいわばスサノヲ三銃士のプロローグ的な曲なのかなと。

 

"パイオニア"や"二番煎じ"という言葉から伺えるように

 

「俺らが原点となってこれからてっぺん獲りに行くから見てろよな!ついて来いよ!」

 

 

っていう骨太男前アイドルソングなんですよね。まあこれは周知の事実だと思いますが。

 

こういう櫻井くんの、そして嵐の

平和主義に見えて実はメラメラ野心を燃やしているところが最高にカッコいいなと思います。

きっと"トップになる夢"を掲げるような子たちではないだろうに、とあの頃驚いた人たちもこの曲を聴いた時は何かが動くのを感じたんじゃないかなあと思います。

 

では続いてRock thisに移ります。

 

不可能を可能 we're likeスサノヲ

すんげー!!!!!!!不可能を可能にする男たちとな!有言実行な感じが痺れる!!

これをスーパーアイドルと呼ばれるようになった嵐が歌う強みったらもう。ついて行くしかない。

 

今から未定です(What!)見える明日を過ごすのはてんで御免です

などから読み取るに

人気が出てきてから勢いで突っ走ってきて、この先何が待ってるかはわからないけどとりあえずこれからも今までと同じように道を切り拓いていってやるぜ!ヒェア!(軽い)

っていうニュアンスの曲だと思うんですね。

 

あと今度は、

此処から我々にお任せ

あなた方の前じゃ誤魔化せんぜ

っていう、「その先まで連れてって見たこと無い景色見せてやるからまあまあついて来いよ」みたいな明確な宣言をいただきまして。

 

ああもう無理ですねファン辞められないです。どんどん先まで走り抜けていく力はあるのに、ふと思い出したように立ち止まってこちらを振り返ってくれる。なんなら来た道を駆けて私達の元へ戻ってくることも厭わないような、「まだそこにいたの?」っていたずらっ子な笑顔で笑い掛けて来るような姿は何年経ってもずっとずっと変わってなくて。

 

罪なスサノヲ様たちね。

大好き。

 

 

そしておそらくスサノヲソング()はこれで最後になるでしょう。心の空。

 

正直スサノヲアマテラスと来たらツクヨミが来ると思ってた。安直すぎたかもしれない。

やっぱり櫻井くんは想像の斜め上を行った。

 

まあ曲自体はジャパンはクールで良いところだよ〜フォレインピーポー!!!!!侍サムライSAMURAI!カッコイイね!!!っていう歌なんですけども(布袋さんに謝りなさい)

 

 

まあRAPが強い。

心の空のラップは櫻井くんの知識と言葉を紡ぐ力が総動員されているなと特に感じます。

櫻井くんは頭が良いな〜と痛感させられる曲ですね。多分ファンじゃない人が聴いたら日本ええところやでっていう曲のテーマに沿ったラップなんですよね。

 

だけどラップの後半3行。私初めて聴いた時おったまげました。櫻井くんがこんなに執念深くスサノヲにこだわりつづけた理由が見えたというか。何年も何年もこの日のために伏線張ってたのかと思わされてしまった。(これは櫻井くんのみぞ知る)

 

ヤオヨロズ集合(We're like 五奉行

ずっと不動の地へと ゆこう

スサノヲ散らす風防(you know)

昔はすべてのものに神が宿っているという考え方であったため、Hip pop boogieに出てくる「津々浦々八百万の長 万物に宿りし神々の子」と同じ解釈の仕方で言うと

ヤオヨロズ =ファンのみんな

であると言えます。

 

昔はファン(私)が日本神話風に歌に登場するならクシナダヒメなのかな〜〜なんて調子に乗ったことを抜かしてたんですけどね。嵐はそういうこと言わない子たちだった。

 

ずっと不動の地とは

前年のTakeoff!!!!!にて飛び立った光る6の輪の向こうと同じ行き先、すなわちトップだと考えています。あ、まだトップ目指してる。どうしよう。ついていくしかなくない?

 

俺たち元はスサノヲだったんだから

風当たり強くても意味ないよ?蹴散らしちゃうよ?分かってるよな?と言ってるんですねおそらく。

 

 

そして私を驚かせた"We're like五奉行"

もう嵐は先に行ってたよ、、完全敗北。

 

そして五奉行という言葉をこのラップに引っ張り出してきた櫻井くんのセンスと教養の高さに脱帽ですね。

 

五奉行については当時話題になりましたし

各自でお考えいただければと思うんですが、

スサノヲたちは時を経て五奉行になられたのでおそらくこれからラップに日本神話が登場することはないでしょう。

 

ですが、いわば豊臣という絶対的トップの存在の家来であった仕事の出来る五人組、"五奉行"。きっと彼らはその絶対的な存在があったからこそ実権を握ってやりたいようにやってきた。

 

嵐はその絶対的な存在を失い、これからはどんな存在となって不動の道へとゆくのか、それを見守りたいし楽しみたいなという思いでこちらの一連の流れを1位とさせて頂きました。

 

 

 【好きなラップ(未音源化)】

1位:The love like

理由:「遊びで作ってみますか〜!」の軽いノリで作ってるくせにドエロい上にめちゃくちゃしんどい。

未音源化は両曲揃いなので難しいけど

ペンの指す方向を完全に理解するには私はもう少し生きてみないとなあと感じるので選考漏れ。Where is the loveも"東京裁判的な勝者の論理"が知りたくて中2の時調べまくったんだけどそこを考えるのに時間掛かり過ぎてその後の歌詞を全く覚えていない。()

星になるまでと二人の記念日はしんどすぎるので聴き返せませんでした。

 

 【好きなラップ(現場)】

1位:Hip pop boogie chapterⅡ

理由:実際現場では聴けていないんですけど、私「俺ソンとブギーを生で聴くまでは死ねないの!!!!にのみやくんと一緒にお台場の地縛霊になるの!!!!!!」と常々言っている身でして。

宮城で歌詞が変えられてブギーが歌われたと聞いた時は受験勉強しながら卒倒しかけましたね。本気で宮城オーラスのチケットとって弾丸で宮城行くか迷った。

やっぱりあれは生で聴くと魅力が10割増しになるんだと思うのでこちらを選出させて頂きます。

 

 

最近の櫻井くんのコンセプトが決まってない歌でのラップは私達ファンを「仲間」として扱ってくれていて涙がちょちょ切れますね。

直近で言うとTo my homies、Takeoff!!!!!等々。同胞としてわたしたちと進んでいってくれてる感じがいつまでも変わらなくて、本当に本当に大好きです。

 

 

その秘めたる反骨精神がむき出しになる瞬間や、素直に言えない思いを伝えられる場所を作ってくれる

櫻井くんを一番に証明するもの。

 

 

ラップはやっぱり偉大です!

これからも素敵なラップをたくさん聴くことができますように。

 

 

日本神話もっと掘り下げて話したいなと思ったから暇があったら書きたいし

言語だけじゃなくて歴史とか、社会とか

いろんなアプローチで知識を深めて

 

もっと楽しく櫻井くんのラップが聴けるようにお勉強も頑張ろうと思いました!

大学の第二外国語は絶対スペイン語取るよ!!

 

 

櫻井くんのラップのおかげで知れた沢山の世界や知識!本当にありがとう!!!

 

 

これからも身勝手な解釈して楽しませてください(笑)

 

櫻井くんのラップはこんなんじゃ語り尽くせないのでまだまだ言いたいことはあるのですが!これくらいにしておこうかなと思います!また機会があればラップについて書いてみようかな!

 

これを書くにあたってラップ全部聴き直したんだけど新たな発見もあってとっても楽しかったです!

 

 

こんな素敵な企画に参加できて本当に嬉しく思います。

この記事を見た方も、是非、あなたの

櫻井翔ラップ大賞を考えてみてはいかがでしょうか。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 #櫻井翔ラップ大賞2017 - SHIO BEAT

この企画を考案されたしおP様のブログからランキングについては引用させていただいています

 

はじまりを祝うFreedom

あなたが生まれた日。

たいせつな、自分の誕生日よりもたいせつな今日という日。

 

 

 

35年前の今日、産声をあげて生まれたあなた。与えられた、"翔"という名前。

 

 

 

35回目の365日。

34歳もありがとうね。

色々あったけど、34歳の櫻井くんも最高だったよ。

 

 

 

 

毎年最高を更新してくれる櫻井くん。

35歳はきっと、もっともっと素敵な1年になるんだね。

 

 

 

 

地球で生命が生まれてから38億年。

その長い時間の中でこの時代を選んでくれてありがとうね。私の人生なんて、まだたった16年ちょっとなのに、櫻井くんと同じ時代に生まれて、同じ時を刻んでいること。

それだけで奇跡だよね。地球サンキュー!!!!!!驚くほど生命線の長い男は長生きしてわたしと同じ時を長い間刻んでください!!!!!わたしが先に死にますからァ!!!

 

 

と、スケール感のデカイ話をしすぎましたが(笑)

 

 

本当に、私にとっては特別な日で。

同じように今日を待ちわびていた仲間と語らう時間や、授業中にふと何してるかなって思いを馳せる時間。そんな時間ですら大切で。

 

 

もちろんお誕生日だけが特別な日じゃなくて、

櫻井くんのいてくれる毎日が大切。

 

 

だけど、人のお祝いは大好きなくせに自分が祝われるのは照れくさい恥ずかしがり屋なあなたは、祝って欲しいなんて絶対に言わないけど、きっとそんなに特別に思っていないだろうけど、私はこんなに想ってるよ!って伝えたくて。それはきっと櫻井くんを取り囲む全ての人がそう思っていると思います。

メンバーもきっと日付が変わってすぐにお祝いしたんだろうなあ。

 

 

34歳の櫻井翔くんとは、ファンをやらせてもらってから、一番向き合って、一番色んなことを考えました。

 

 

34歳の櫻井くんのはじまりの日は、受験の追い込みで瀕死状態。

だけど、ママが街中のスーパー駆け回って見つけてきたウイダーの「志望校にin!」って書いてある櫻井くんのポップもらって嬉しかったなあ(笑)櫻井くんに思いを馳せるというよりは、櫻井くんのように弛まぬ努力を重ねて、強くいよう、不安なのは準備が足りないからだ、死ぬほど無理しても死なないんだ、と鼓舞してもらった一日だったなあと思います。

 

毎日のように読み返して文章を暗記してしまったHの17歳の自分へのお手紙。

 

いつでも櫻井くんは私に勇気をくれて、道標になってくれます。

 

 

Make a wishとユメニカケルのループで何とか自分を奮い立たせて凌いでいた私。

 

 

もうこれ以上頑張れないよって思ってたけど

復活LOVEのメイキングで、体調を崩していてもニコニコで、キメる時はキメて踊って、熱で目はとろんとしてふわふわしてるのに、キラキラしてて、本当に本当に格好良くて。あーこれがアイドルってもんで、櫻井翔くんって人なんだなって。ひどく刺さったんですよね。

 

 

まあ受験前にPV見てる時点で自分に甘えてたんだろうけど(笑)もちろん、櫻井くんみたいになりたいなんて、簡単には言えない言葉だし、到底なれるもんじゃないとは思っています。だけど、その背中を追っていったら、きっと近づけるとは思うんです、ちょっとでも。見えてくるものもあるんだろうな。

 

現に高校に入ったら、もう頑張れないよって去年の私が思っていたラインなんて、全然大したことなかったんだなって思うし。

 

限界点を作ることがそもそも間違いだったんだなあと気づかせてくれました。

 

まあ体調悪い人は雑誌で報告する前に病院行ってね心配だから😷今年もしょっぱなから風邪気味だったけど身体には気をつけてね。

 

櫻井くんの眼差しは、言葉は、強いけど、あったかくて。いつまでも大切に追いかけて行きたいものの一つです。

 

 

諦めていたアリーナツアーの開催が決まって、行けると思っていたのに

 

行けなくなってしまった春。

 

 

 

正直色々思うところはありました。

コンサート中の発言で引っかかってしまったところがぐるぐる頭を回ったり、

 

会いたいのに会えないことがくるしくて、急に泣きたくなった夜とか。

 

リオ五輪を控えた中、お父様の騒動、そして選挙ZERO。

 

きっと都知事選のとき、色々と思うことがあったんだろうね。なんか雑誌とかの発言の端々から感じるものが、いつもと違って。

誤解を恐れずに正しいと思ったことは言う人だけど、それとはまた違う棘みたいな、自分の周りは敵ばっかだ!みたいなピリついたものを、私は感じてしまって。

もちろん、そうだったかどうかなんて私にはどんなに分かりたくても分かってあげられないけど。

基本的には自分のフィルターはかけすぎずに自分で見て聞いたものだけを信じてたのしくオタクをしていたいなと思っているので、いつもは大丈夫なんですけど、慣れない学校生活とか、まあ色々なことが重なったのもあってすごく不安になっている自分がいて。

 

不安を通り越して、もう櫻井くんに何を言って、どんな気持ちで好きでいたらいいのか分からないなあっていう時期がありました。オタク人生初の危機でした。基本的にこじらせてる私だけど、今までで一番めんどくさいわたしだったと思います。疑心暗鬼の日々でした。

 

誰よりも彼の言葉を一心に追って、なぞって、大事にしてきたはずなのに、どうして疑わなきゃいけないんだろう?誰よりも信じてあげたいのに、どうして、どうしてって6月から8月くらいまでですかね、悩んで。

 

 

アリーナツアーの公演中に

「うちの子」って呼んでくれたり「言わせんなお前らだよ」事件という全櫻井翔ファンが歓喜に震えた、今日は君が「おまえらが大事だ」って人権与えてくれたから、8月6日は櫻井翔ファン人権記念日。()

 

 

その時にあーやっぱこの人しかいないよなあって。ママにいくら「またそんなこと言って弄ばれてるだけだ」って笑われても、馬鹿みたいに喜んだことを覚えています。

 

 

忘れてしまっていた、誰よりも不器用で照れ屋さんな櫻井くんだから、冷たくしてくることも多いけど、大事な時はきちんと言葉にして伝えてくれた。いたずらな笑顔で、優しく笑って、潤んだ目で、ひたむきな眼差しで、そして時には武器のラップで。

 

沢山、たくさんたくさん伝えてくれてた。

客って呼んでくる時もあるけど、でもわたしはうちの子だから、それが分かってるから。

 

 

自分の吐いた言葉には絶対に嘘をつかないし、責任を取れる人だと思っているので、私が信じなくてどうする!とハッとさせられて、またひとつパワーアップしたオタクになりました💪櫻井くんの言葉や行動は、ん?って思うことがあっても絶対に正しくて。その時は意味が分からなかったり、不安になっても後々やっぱり間違っていたなって思ったことは一度もありません。

だから今は何も不安に思うことはないです。

 

日本の総理大臣と1対1で話しちゃうし、

10年もキャリアを積んできたのに軍事境界線行きたくなっちゃうし、

喘息気味かな?とか言って病院にも行かないし、

ソフレが片手に収まるくらい()いるし、

キャスター業の割合が強まってきて、日経エンタでめちゃくちゃ怖がらせるようなこと言ってくるけど。

 

 

やっぱり不安なことなんて何もないです、今は。だっていつだって正しいから。

 

 

もうスーパースターなのに、もっともっと大きくなって、遠くに行っちゃうけど、置いてきた私達をたまに振り返って、どれだけ先にいても駆け寄って戻ってくることをも厭わない人。大好きな人。

 

 

もう、ほんっとに、とんでもない人を好きになってしまいました。

 

 

そして、そんなにすごい人のことが大好きな自分に慣れてしまっていたのかな。胡座かかずに行きたいですね。毎日色んなすき!を発見させてくれる新鮮な日々なんだから。いつでも、誇りに思っていたいです。

 

嵐のファンで、櫻井くんのファンでいてよかったと思っています。本当に。

 

そして、櫻井くんにこの人がファンでよかったって、僕達のファンは誇りだって思ってもらえるようなファンでありたいと、私も思っています。

 

 

 

そして、リオ五輪

櫻井くんの楽しいなって思う仕事の中のかなり上位に、オリンピックのお仕事があると思います。

 

 

どんなにハードスケジュールで目に隈作ってても、その輝く瞳は、いきいきとした表情は、本当に楽しんでお仕事をしてるんだなあって見ていて私も嬉しくなります。

 

 

リオオリンピックは出発前に懸念されることがたくさんありました。

 

だけど、私は全然心配してなかったよ。

櫻井くんができると、やりたいと決めたことなんだから、絶対いつもみたいにやり遂げちゃうし、成功させちゃう。笑ってただいまっておみやげ話をたくさんしてくれる。

そんな未来しか見えなかったから。

 

 

犯罪が多くて危険?

じゃあ日本はどうなのよ、いつ誰が殺されてどんな理由で事故に遭うのか、そんなこと誰もわからないし確率はそんなに変わらないと思う。むしろ日本にいたほうが危険はたくさんで。平和な日常にボケてない?って櫻井くんのニュースを見て感じていたこと。だからそんなこと言ったら毎日毎日心配で暮らせやしないよね。

 

 

当たり前に毎日笑っててくれてありがとうって思えれば、そんな必要以上の心配はいらないと思う。

 

 

そして、最近は貶しが減った一方で過保護(?)と呼ばれるジャンルのオタクが多いように感じますが、過保護と過剰な擁護は違うよね、っていうのがあって。

 

 

たとえば、夜会では櫻井くんを下げるような発言があったり、それを聞いて笑っている櫻井くんの姿がよく見受けられます。

 

不快だな、と感じるボーダーラインは人それぞれだと思いますが。

 

 

櫻井くんを守るため(?)と言ってその発言者や発言に対して乱暴な言葉を使うのは違うな、といつも思っています。

 

 

櫻井くんって、すごく強い人だし、

みんなが思っているより守られていて、一人だけでずっと立っている人ではないのだと思っています。

 

櫻井くんはすごく強くて、靭やかな優しさを持っている、温かい人だと思っています。

すごく気配りが出来て、みんなのお兄ちゃんやお世話役を買って出て、いつも輪の中心で笑っていて。だけど、反骨精神をいつでも抱えていて、"みにくいアヒルの子"であるという自分のコンプレックスをも強さに変え、情に厚くて、男臭い人。考え方は結構コロコロ変わったりする方だけど、いつだってその考え方の基盤はブレてない。

 

 

そんな櫻井くんが、言われっぱなしで行動を起こさないとは思えません。

 

その上、所詮バラエティ番組ですしね。

笑いを取るためなら何でもいいのか、と言われても彼らにもある程度の台本が存在するでしょうし。お茶の間の方々はもしかしたら、そういう掛け合いが面白いと思っているのかもしれません。

長い間この世界で生きてきて、いちいちそんなことでへこたれる人なんでしょうか?

 

まして櫻井くんは天性の人たらし()

まあ私の以前書いた記事を読んでいただければと思うのですが、抜群の愛され力の持ち主です。

誰よりも愛することを知っているから、「愛を信じてる」から。(やっぱほーみーず神やな、、)

 

きっと櫻井くんが立つその場所は、愛にあふれているのではないでしょうか?

翔くんを信頼してここまで言ってるよ、

翔くんなら応えてくれるよね

 

そうやって思われていると同時に、

自分からは人を頼りたがらない彼に、密かに手を差し伸べている人がいて、

いつも帰れる場所が、仲間が、笑顔が。

 

たくさんたくさんあると思うんです。

 

 

だから、なんだかな〜と思う夜があっても、

櫻井くんが大切にしているその場所でお仕事をして、お家に帰って、"あぁ〜今日も仕事したな〜酒がうまいな"って櫻井くんが思えるならいいんじゃないかなって。

 

 それに、櫻井くんの魅力が分かんない人って可哀想だなって思うし、分かられてたまるかとも思うし(めんどくさい)わたしだけが分かってて好きでいられたらいいなって!愛してるよ!

 

 

私が心配しなくても、沢山支えてくれる人がいるし、思ってくれる人がいるし、しっかり自分をわかっている人だから、大丈夫なんだよね、きっと。だから私は櫻井くんの優しい笑顔や言葉に包まれて、守られていたいよ(笑)櫻井くんを守れるほど櫻井くんより強い武器なんて、まだ持ってないしね。

 

まあそれは、櫻井くんが自分が傷付いても気にせず誰かの傷を癒やしてあげるような人だからなんだけどね、やっぱり素敵な人にはそれだけ返ってくるものがあるから。

 

櫻井くんは格好良くて、可愛らしくて、お茶目で、天然で、でも計算高くて。

変わったところも、変わらないところもたくさんあるけど、そのどれもが大好きで、大切で。そのすべてを大事に抱えてこれからも応援させてもらいたいな。

 

好きなところなんて書ききれないし、言葉にできない想いばっかりで、結局何が書きたかったんだか分からなくなってるんだけど、

 

櫻井くんは私にとって何より大好きな人で、尊敬できる人で、人生の先生で、かけがえの無い存在。

 

 

いつもいつも、たくさんありがとう。

 

 

あなたのおかげで私の人生は変わったよ。

変えてくれてありがとう。

 

 

 

35歳の櫻井くん。

四捨五入したら40。

いわゆるアラフォー。

 

 

櫻井くんにアラフォーという未来が待ってるなんて、好きになった頃は思ってなかった()字の並びに頭がガツンと来た、、

 

 

 

30歳をあれだけ楽しみにしていた櫻井くんのこれからは、どうなっていくんだろうね。

毎年素敵に歳を重ねて行く櫻井くんを見ていると男は30からって本当だったなあと思います。これ以上男になってどうするつもりなんでしょう(?)

 

 

 

16歳の私と35歳の櫻井くん。

いつも18歳か19歳差の私達。

 

 

 

櫻井くん、私の倍生きてる人なんだって。

そりゃ人生のお手本だよね(笑)

こんなに人に否定されがちな風当たりのいつも強い人、初めて見たよ。ハイパー打たれ強い櫻井くんはハイパー格好いい!いつでも!どんなに顔がむくんでて肥大化していようと!

 

こんなに年の差があるのにだいすきだいすきって、いつまでやってられんのか分かんないけど、

 

まだまだやっていけそうです。

 

 

35回目の365日も、大切に過ごそう、共に歩もう。

この1年は

どんな未来が待ってるんだろう。

 

 

とにかく貴方がたいせつな仲間たちに囲まれて笑顔の花をほころばせて、素敵な言葉と行動と、その背中で。私にあと少しだけ夢を見せてください。

 

 

何があっても、ついていくよ。

どんなに遠く離れていても。

 

たくさん会いに行くよ、どこでも駆けつけるよ。

 

 

結局伝えたかったはずのことはまだぜーんぜん伝えられてないけど、毎年この特別な日に少しずつ、伝えていけたらいいよね。

 「みんなが幸せそうだから幸せです」っていう素敵な言葉を生で聞くことが出来て、「愛されるっていいよね」って言葉に出来るようになった櫻井くんを知って、嬉しくて仕方なくて。

たいせつなひと、こんなわたしをたいせつにしてくれてありがとう。

 

とにかく、世界中の誰より私は櫻井くんが大好きです。これから、何があっても、他の人を好きになっても、この一番は永久欠番です。

 

 

これからもよろしくね。

これからもありがとうね。

櫻井くんが元気いっぱいに365日駆け抜けられますように!あわよくば演技のお仕事をおねがいします!(笑)

 

 

 

最後に、

わたしの一番最初に好きになった人へ贈った歌の歌詞を、櫻井くんにも贈りたいと思います。いつもこういう気持ちで応援させてね。

こじらせてる私だけど、笑ってくれるだけで幸せだからこうやって生きていてね。

文句言いたくなる夜があって、文句言っても、いつもこういう気持ちだから怒んないでね(笑)私の知ってる櫻井くんが、表面のほんの数ミリで、全然知らないことに泣きそうになることもあるけど、私にとっては海溝15000メートル(?)なので奥深き櫻井翔の世界に溺れます。

だいすき。
f:id:Naaaa_sh:20170125225300j:image

 

2017.1.25

しあわせが、ここにある。

2016年も本日で終了ということで。早いですね。

 

 

 

今年こそ辞めるだろうと言いつつ

元気にオタクやってます。

 

 

 

ってことで、今年の記録を残しておこうかなあと思います。

 

 

 

前向きな2017にしたいのでまずこの話から。

本日12月31日。大みそか。2016年最後の日。

相葉くんの勇姿を見届ける日。

 

 

そして、

SMAPが解散する日。

 

 

 

まだまだ実感が湧かなくて、普通にベストアルバム聞いてるけど。いい曲ばっかだね。

 

 

 

もっと好きになっちゃったよ、ほんと。どうしてくれんのよ、、

 

 

 

これから5人でいる姿が見られなくなるなんて意味分かんないし想像がつかないから、感情が全然追いついてきてない。明日もあさってもずっとずっと、5人なんじゃないかって。

 

 

その大きい背中でメンバーを、ファンを守って愛し続けてくれた、SMAPの中居くん。

そんなあなたが大好きです。

 

これからは一人の男として生きていく中居くん。今まで強くいなきゃいけなかった貴方の幸せを、本当に本当に祈っています。

 

 

そんなこれからの貴方に。

君は君だよを贈りたいなあとアルバムを聞きながら考えていました。誰かの望むように、強がって生きなくていいよ。ただ笑っていてくれればそれだけで。

 

 

 

本当に本当に大好きな、私の原点。

あなたがいなきゃ、うたばんなんて見てなかったからきっと嵐には出会えなかったなあ。

 

 

 

とっても思慮深くて、頭が良くて、努力家で、いつもお茶目で。私の中で永遠に世界一のアイドルは中居くんです!

 

 

いつもありがとう、今日のサムガちゃんと聞き届けるからね。

 

 

 

さよならもお疲れ様も、まだ実感湧いてないからぜーったい言ってやんないよ!

 

 

衣装展示見に行ったけど、みんなを守ってきた大きな大きな背中は意外とちっちゃくて。どんなに重たいものを背負ってきたんだろうね。

 

 

国民のお兄ちゃんみたいな中居くん、

櫻井くんがキャスターを頑張ろうと思った理由の一部の人。たくさんたくさんありがとう。

 

 

 

 

さて、心が全然しんみりムードになれてないので普通に2016年振り返り始めたいと思うんですけど、

 

 

 

今年の現場はひとつだけだったのでそれは最後に回しますね。

 

 

 

今年は受験を終えてアカウントを変えたので人間関係も一新。

 

 

とても素敵な人に恵まれた一年になりました。私生活はあまり充実できなかったんですけど()オタクはたくさん楽しめました〜!

 

 

色んな考え方に触れたり実際に会ってお話したり、電話したり。

 

 

 

嵐が好きだからって言うことしか共通項がなかったはずなのに、素敵な人と巡り会えた奇跡に感謝しています。

 

 

櫻井くんのことが好きな人は櫻井くんに似て素敵な人ばかりです。

 

 

 

 

嵐や櫻井くんの発言に違和感を感じて

勝手に傷ついて夜泣いたりもしたんですけど(笑)まあそれも良い思い出。

 

 

 

だって愛せるときに後悔無いように愛しとかないとね!!!!愛してるよ櫻井くん!!!!

 

 

 

今年の櫻井くんは「みんなが幸せだから幸せなんだってわかった!」とか「言わせんな、お前らだよ」事件とか、よく分かんないけど甘やかしてくれることが例年より多かった印象。

 

 

意外と涙もろいって言われて年取ったんだよ、って言った櫻井くん。年取った大人ってどんどんめんどくさくなる傾向にあるけど素直になってくれてるってことでいいのかな?なんか不安になるけどいいんだよねきっと(お前が一番めんどくさい)

 

 

今年も大好きでした!

最後の最後にananまでぶち込んでくれてね。

 

 

 

安定に銀河一大好きな人でした。

お世話になりましたありがとう。

 

 

受験の時、もう頑張れない、もう無理、って思ってやってきたけどそれで許容範囲が広がったのかもっと頑張れる自分になってました。

 

継続は力なりやねえ。日々勉強で頑張るよ。

 

 

 

 

じゃあそろそろ行きますか!

AreyouHappy?ツアー!

 

 

 

今年は地元札幌公演に3日間お邪魔しました。

 

 

もうね、めーちゃくちゃ楽しかった。

思うこともなかったわけではないんだけど、

しんみりムードに浸らせないでハッピーのまま終われるように!っていう嵐の配慮とか、死ぬほど楽しませてやろうっていうサービス精神?プロデュース力?が光ってたコンサートでしたね。

 

 

まあ青春ブギがあまりにも楽しすぎて私はロスってます。想定外かな?(笑)

 

 

 

OPの櫻井くんへの置き手紙のとこで嵐の出来すぎたストーリーに泣いて、シルバニアのうさぎちゃんのソロ〜ほーみーずの流れに泣いて、人生ゲームやってるシビアな感じにしにそうになってたら楽しそうに人生ゲームのコマみたいな車に乗って5人出てきた。

 

 

ゴールまでともに走り抜ける気なのね。そうなのね。。。

 

 

アルバムのテーマ通り、嵐から見た今の嵐も見えたし、これからもなんとなく見えた。

 

これからがあるのは当たり前じゃないってことが痛いほどわかった今、そのこれからを見せてくれる彼らに感涙。むり。

 

 

まいるず〜果てないにも泣かされて、あれこれハッピーなコンサートだよな?って思ったけど今年の涙は嬉し涙とか感動がほとんどです。

 

 

かと思えばアモーレとかブギ、からのハッピーメドレーぶち込んできてあ~もう楽しい。

 

 

3日目は制作開放席だったので普段見られないトロッコに乗り込む姿とか、スタンバイする後ろ姿とか、暗転の中階段登って花道に現れるとことかも見れたし、いろんな楽しみ方ができました。

 

 

最後の挨拶がひとり一人聞けないのはやっぱ櫻井担としては特に残念だったけど、あれがあったら私間違いなく「か゛え゛ら゛な゛い゛て゛え゛え゛〜!!」ってなってたから正解ですよねきっと。余韻残さないね。

今年のコンサートはアンコールのコールを頑張ってる印象があるのになかなか出てこないから、それも作戦なのかな。

 

 

 

まあ語りはじめたらきりがないんですけど、めちゃくちゃ楽しかったしまだ付いて行こうと改めて決意できた1年です。

 

 

ただ今年は地元コンサートのみとちょっぴり物足りない結果になったので来年はもっと多くの現場に赴ければなと思います。

 

 

前回ブログにて掲げたテーマを基に(※『ステージ上終身雇用と自主退職』参照)オタク活動に励みたいと思いますので突っ走ります💨

 

 

もっと視野と活動範囲を広げて、時間と住んでいる場所のせいにしないで明るく楽しいオタクを目指します😇😇

 

 

鍵垢にこもる回数減らす()

 

 

本年も本当にお世話になりました。

来年も何卒よろしくお願いいたいます。

 

 

 

記事のタイトルは今年のキリン一番搾りのCMテーマから取らせていただきました。

 

 

改めて。

2016年、しあわせがここにありすぎました。

 

 

 

このしあわせの集う場所が、来年も同じように、そこに在り続けますように。

 

 

相葉くんがすごい件について

相葉雅紀くん

34歳のお誕生日おめでとうございます。

 

 

 

いつもひたむきで、一生懸命で、元気いっぱいの笑顔を咲かせている相葉くん。

 

"楽しいから笑うんじゃなくて、楽しくなれるように笑う"

とか、私に全く無い考えを持っていて、相葉くんらしくひたむきに、分かりやすく真っ直ぐな想いを伝えてくれる姿を、本当に尊敬しているし、一人の人間として大好きです。

 

 

櫻井くんを好きでいて、どうしても辛くなった時、相葉くんの笑顔を見ると心が楽になります。櫻井くんみたいな人間になりたくて、昨日よりも今日、今日よりも明日頑張っていこうと日々を過ごしているけど、どうしてもしんどい日ってあって。まあまだまだ自分に甘いからなんだけど、、そういう時に相葉くんの笑顔や言葉はストレートで自分を許してあげても良いのかなって思わせてくれます。

 

 

 

でもそんな相葉くんはすごく頑張り屋さんで、陰の部分は他人には絶対に見せないし、悩みごとも自分で解決しちゃう。ニコニコ笑顔で乗り越えちゃう。だけど多分、考えて考えて考えて、まいっか!ってなっちゃうタイプでもあると思う(笑)

 

 

相葉くんは、根っからのポジティブではないと思うんだよね。後ろ向きな面も兼ね備えてる。だけど、ネガティブな自分と誰よりも向き合うことでポジティブな考えをゲットしているような気がします。自己嫌悪に陥ったりした時、そういう自分から逃げないでどうなりたいか、どうしていけばいいかを全力で考えていって、それを原動力に前向きな考えを生み出しているというか。

底抜けにポジティブなのではなくて、自分を誰よりも理解してあげているからこそのポジティブ。

 

すごく羨ましいし、そういう相葉くんにたどり着くまでの軌跡を思うと本当にね、奇跡ですよね。

 

私は相葉くんだけを見つめて追いかけてきた人間ではないので、まだまだ知らない相葉くんがたくさんいるけど、それでも魅力に溢れてて、みんなから愛されるべくして生まれてきた人で、無償の愛を注ぐことも惜しまない人で。とても素敵な人だなと日々感じて惚れまくっています。

 

 

 

あの、導入が長くなってしまったんですが、

記事の本題はここからです(笑)

 

 

櫻井翔くんをこよなく愛す私ですが、2014年頃から異変が起きていました。

 

 

 

基本的に自担以外には湧かない私なので、

5人で出た番組も、コンサートも視線は極力櫻井くんにロックオンされているのですが、2014年の後半頃から、私の視界に

 

"相葉雅紀くん"が侵入するようになってきました。

 

 

私はこれを相葉雅紀革命と呼んでいます(安直)

 

 

そしてその思いは日毎に増し、最近では

🌸:🌿=8:2くらいになってきているんです。

 

 

こんなのは初めてで戸惑っていた私は

 

「相葉くんに目移りした私が悪いのか?魅力的過ぎる相葉くんが悪いのか?」と考えるようになって来ていました。

 

 

いやいや、相葉くんが悪いわけない平和の象徴みたいな人なんだから、、じゃあやっぱ私が悪い?相葉くんなんでこんなに素敵なの?相葉くん作り出した神が悪いの?いやめっちゃ感謝してるアーメン、、

 

 

というように相葉くんが魅力的すぎて頭を抱えていたのです。

 

 

しかし、似たような状況に追い込まれているファンが結構いるらしいということに気付いたので、誰のせいでもないのだと。

 

 

じゃあ、なんで急にこんなことになってしまったのか、真剣に考えてみることにしました。バカバカしい記述ばかり並ぶかもしれませんが、お読みいただけると幸いです。

 

 

 

歳を重ねたからこその魅力

まずはこれですよね。

 

 

割と最近まで私の中の相葉雅紀

"笑顔が可愛いけどちょっぴり地味な子"

という立ち位置で、あまり意識して相葉くんを見たことがありませんでした。

なので革命前までは相葉くんのこと全然知らなかったし、ほとんど気にも留めてませんでした。

 

 

 

それがデビクロくん公開あたりから様子がおかしくなってきて。驚異の追い上げを見せはじめました。私が嵐のオタクであることに理解はあったものの、あまり嵐自体には興味がなかった母がこの頃相葉くんのファンになりました。

元来持っている無垢な表情に深みが増して、オトナの男になってきている相葉くん。

当たり前にイイ男すぎる。それに中身まで伴ってきちゃう。あーまって、これはやばいぞと。

日本がざわつきはじめたんですね。

 

そして日本相葉くん男前計画は現在進行形であり留まることを知りません。

 

 

どんどんかっこ良くなってきてる。櫻井くんはどんどん顎周りが肥大化してきてる。(最近痩せたけど)誰か相葉くんを止めて。

 

 

 

どう考えても相葉雅紀と結婚したい

好きなタイプと結婚したい人って別物だと思うんですよ。

 

 

すごく残念なんですけど、つい最近まで私の結婚したいタイプにドンピシャに当てはまる男がこんなに身近にいたなんて気づきませんでした。相葉雅紀くん。あなたドンピシャです。櫻井くんは付き合いたいけど結婚はごめんね(あっちから願い下げ)

 

 

まず格好いい、やさしい、背が大きめ、よく笑う、楽しく過ごせそう、ありがとうとごめんなさいが言える、、

 

 

あと私料理が苦手なんだけど少ししょっぱくても嘘ついてうまいって言ったり率直にまずいって言わないで「あ〜濃いめだね」とか「今度一緒に作ろっか」とか言うよね、あと私も相葉くんもお休みで私のほうが遅く起きた朝は「マサキ特製プレート〜!」って朝ごはん作ってくれるよね、お洋服も好きだからお買い物楽しいよね、お互い自己解決したいタイプだから楽だよね、ご家族とも仲良いし車の運転が上手だしふとした時守ってくれるし、男前だし、急に出る『お前』とか『なんだよ』とか乱暴な言葉のときめきとか、、

 

 

 

 

あ〜結婚したいよ。きっと、うまくいくと思うんだ私達。()

 

っていう感じで、国民的スーパーアイドルになってもなおみんなの王子様でリア恋枠なのがすごい。

 

人を悲しませない天才だし何なら全員幸せにしちゃうラブアンドピースな相葉くん。

 

 

隙があると見せかけて隙がない感じが追いかけさせるよね〜!!ずるい!

 

『秘密ですっ』てその笑顔で言われちゃあね。相葉雅紀くん無敵。

 

 

こんなに格好良くなっても、紅白司会するくらい大きくなってもどこか感じさせる絶妙な親近感。

 

 

ストイックな姿を見せずにニコニコな相葉くんだけど、相葉くんのすごいとこは、絶妙に心配させてくれるところ。

 

 

もう櫻井くんの安定感がすごすぎて、応援するまでもないというか、心配する必要がないというか。

 

もう「私は櫻井翔くんの公式スポンサーです」というか。日本代表かよ。出来る子すぎて逆に心配になってきてるわお仕事しすぎなくていいよ肩の力抜いてね、、、、、

 

 

一方相葉くんは、自分一人でやり切らなければならないことと、知らせたいちょっぴりの不安や頑張りの報告のバランスが絶妙なんですよね。言わなくてもやり遂げられる人なのに「実は心配なんだ」とか、「ちょっぴり頑張ったんだ」って絶妙に心配させてくれるしイイコイイコさせてくれる。「私は相葉雅紀の公式サポーターです」って感じ。

結局日本代表かよ。

 

 

 

ごく稀に見せてくる闇

ねえあいばくん!?

って各位がざわつくやつ。

 

 

急に出してきますよね相葉雅紀

ああいうところに掴まれちゃう。

 

 

大丈夫なんかこの子、私が守ってあげなきゃダメなんじゃないの?とか思わせてきますよね、全然私が守ってあげなくてもたくましい子ですけど。

 

 

ニコニコが疲れたらいいんだよ。

生まれ変わったら相葉邸のクッションになるからさ。目一杯殴ってね。

 

 

 

 

まあ、要するに相葉くんって絶妙なバランスで成り立ってるんですよね。

 

 

 

前述のとおり私は相葉くん応援botではないので嵐の活動における相葉くんの立場以外知りえないことが多く、相葉担の方から見たら違う相葉くんがいるのかも知れません。

ただ一人の男として私は相葉雅紀がめちゃくちゃ好きだ。

 

 

笑顔がステキとか、天真爛漫なところとか、気遣い屋さんで繊細なところとかみんなが知ってる相葉くんについては書かずに今回の記事を進めてきましたが、

 

 

 

相葉くんの魅力があふれ出しすぎて相葉くんの周りで磁界が発生してます。

無残にも吸い込まれた一人です。

あくまで櫻井くんがアイドル枠では一番ですが、未来の旦那さん枠では相葉くんが一番(都合いい)

 

 

結局こんなことになったのは誰が悪いのか問題ですが誰も悪くないですね。

むしろみんなサイコーだよ。

 

 

終わりなきこの道を貴方の心と共にどこまでも走ってゆくのが我が人生なので櫻井くんとの人生歩むけど。

 

 

たまには相葉ブギもさせてくれや(?)

 

 

 

改めまして、相葉雅紀くん。

お誕生日おめでとう。

 

 

 

あなたにとって更に実りある1年になりますよう、そしてよりイイ男になられますよう(ほどほどにね)祈っております。

 

お体には気をつけて。

 

 

まずは紅白の司会、相葉くんらしくやり遂げてください。

 

 

櫻井くんはチーズケーキ大好きなちょろめの先輩だけどよろしくしてやってね。これからたった1ヶ月と1日の同い年。尊いね。 

 

これからも嵐の太陽みたいな男でいてください。

 

しゆく34、おめでとう。

 

 

拝啓 櫻井翔様

ジャニーズ事務所入所から満21年、

おめでとうございます。

 

 

今日からアイドル22年生の貴方を追いかけて8年目。

 

 

辛いこともたくさんあったのに、

ずるずるここまでファンを続けてきてしまいました。

 

 

 

やっぱりそれは楽しいことや嬉しいことがたくさんあるからで、何の後悔もありません。

 

 

櫻井くんに出会ったことで、私にはいろんな変化がありました。

 

 

人見知りで人と関わることが苦手な私が、

日本全国に同じ趣味を持つ友達がいて、その人たちと会って話せること。私からすると本当に奇跡みたいなこと。

櫻井くんがきっかけで、たくさんの輪を広げることが出来ました。初対面の人に話しかけて短時間で打ち解ける能力が普段にも生かされて少しずつ人見知りが解消されてきました。ありがとう。今はたくさんの大切な人に囲まれて暮らせてます。

 

そして勉強。

アイドル業の傍ら慶応大学に合格し、留年することなく卒業した勉強熱心なところ。その頃の話を雑誌で良くしてくれるから私の頑張る理由はいつしか勉強になりました。今でも友達と勉強会を開くくらい努力家で、ひたむきなその姿はいつでも刺激をもらえます。ありがとう。櫻井くんの後輩にはならないけど、少しでもあなたの近くまで行けるように頑張ります。

 

 

すごくネガティブな私が、少しずつポジティブになれているのも、櫻井くんのおかげ。

雑誌で紡ぐその言葉一つ一つを指でなぞって、角の折れた櫻井くんのインタビューのページ。とっても芯が強くて、男らしくて。

きっと他の人が言ったら綺麗事に聞こえてしまうんだろうなって言葉も、櫻井くんの場合結果が伴っていることを知っているから、とっても説得力があるし、簡単には真似できないことばかりで私も櫻井くんのような人間になりたいと思い続けています。少しは近づけてたらいいな。ありがとう。

 

そして私は櫻井くんのおかげで夢見ることを知りました。大好きだった読書。昔は小説家になろうかな、なんて思ってたこともありましたが。櫻井くんの紡ぐ言葉が大好きで、インタビューを読み続けて、追い掛け続けたら、言葉に携わる仕事って生み出す仕事だけじゃない。こんなふうに素敵な言葉を引き出す仕事や、伝える仕事。私の大好きな"ことば"は色んな形に変えられるもので。その瞬間視野が広がって不安な未来がちょっぴり明るくなりました。まあ結局ど直球な夢だけどね。ありがとう。

 

櫻井くんは、大好きな人であり、尊敬する人でもあります。憧れです。

だから、私にとって櫻井翔という人間には、たくさんの夢が詰まっています。

そして、いつか伝えたい「ありがとう」が沢山あります。ごめんねもあるけどね。

 

 

 

きっと、櫻井くんって誰よりもアイドルに向いてない人だよなって思うんです。

 

人生において決まったレールがあった人が事務所に入って、歌って踊って、仲間と笑って。

辞めようと思った矢先のデビュー。

彼がアイドルじゃなかったら、なんてことは想像もできないし考えたくもないけど。きっと真面目にサラリーマンやって、そこそこ良い地位について。誰にでも慕われる先輩になってたんじゃないかな。起業してそうな感じもあるけどね。

性格的にも、インタビューとか読んでて「向いてないなあ〜(笑)」って思うときあるもんね、(笑)

 

 

だけどね。

 

 

そんな貴方が世界中の誰よりアイドルしてるの。向いてないのにね。誰よりもアイドル。

 

 

沢山の重荷を背負って、犠牲にしてきたことも数え切れないと思う。それでも、続けることを選択してくれた。楽しそうに、笑っててくれた。私達に、色んな言葉を掛けてくれた。

 

 

だからこそファンとアイドルの線引きがきっちりしてて、櫻井くん何考えてんだろう、ってヘコむ夜も沢山あるけど。

だってああ言えばこう言うんだもん(笑)

 

 

でも思い返してみるとすっごくすっごく毎日幸せなんですよね、櫻井くんのおかげで。日常の一部にもう組み込まれてる。

(実際櫻井くんが日々の彩りってくらい軽いオタクになって毎日たのしー!ってやってみたい感もあるけど)

 

 

こんなこじらせた女を受け入れてくれる櫻井くん。本当に大好きです。

 

 

 

すーっごく顔がタイプで好きになったけどね。今はあなたのその紡ぐ言葉が。優しさが。芯が強いところが。なんだかんだ言って私達を大切にしてくれるところが。夜に赤札の赤貝買って飲むくせにS字フックが売ってる場所を知らなくて、すっごく穏やかなのに時折すっごく面倒くさくて、たくさんたくさん矛盾を抱えた人間らしいところが。照れ屋さんで直接気持ちを言えないところが。笑い上戸でいつも大口開けて手を叩きながら笑うところが。実は感動屋さんで涙もろいのに泣けないところとか。変にプライド高いところとか。すっごく気遣い屋さんなところとか。なのにカメラが回ってても全然気にせず豪快にシャツに手突っ込んで背中掻くところとか。歌うときの鼻にかかった甘い声とか。メンバー思いで世話焼きなところとか。ライトを浴びて立ってる後ろ姿とか。

 

 歌って踊ってるところも、キャスターやってるところも、演技してるところも。もう全部全部。

 

キリが無いくらい、たくさんの好きがあって、しかも毎日色んな好きを発見できる。

 

 

これってこの上ない幸せだよね。

まさしく私のHappyだよね。

 

 

これからも沢山好きで居させてね。

すぐ考え込んで落ち込みやすい私だけど、

これからも追いかけて行くことを許してね。

まあ許してくれなくても這ってでもついて行くし結局あなたからは離れられません。(笑)

 

 他人想いな貴方が、幸せになれますように。そしてそんな貴方の幸せの一部に、私がいられますように。櫻井くんがアイドルを21年間も続けてくれたということに感謝して、これからも、ただ、前だけを。死ぬほど無理してもいいけど、ちゃんと見守ってくれる人のことを忘れないで、助けてもらうんだよ。沢山の人に愛されてるんだから。あなたがどんな選択をしても、ついていく所存です。私も、ただ、前だけを。

 

"こんな景色はみんなのおかげ"

って言ってくれたあの日、私の日々は報われたよ。これからも一緒に、たくさんの景色を見ていこうね。

 

 

今日が櫻井くんのことを改めて考えるいいきっかけの日になったので、貴方のことを考えて眠ります。

 

 

 

 

拝啓、櫻井翔様。

大好きです。

どうか身体には気をつけて。

 

 

言いたいことはたくさんあったのに、結局伝えたい言葉は全部削ぎ落とされてこれだけでした。言葉になんてするのもったいないしね。逆に澄んでいて、清々しくて、自分でもなんか安心した。

 

 

まだまだ櫻井くんを好きでいられそうです。

なのでこの手紙は終わらせません(笑)

 

 

 いざ、共に、未来へ。

 

 

 

まずは、早く会おうね。

ステージ上終身雇用なあなたを応援する、

ステージ下雇用な(いつかその枠を抜け出す予定の)私より。