読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言の葉にのせて

好きなことを好きなように

ステージ上終身雇用と自主退職と私

櫻井翔 SMAP

昨日、ジャニーズを愛する者のみならず国民全体に激震が走った。

 

 

 

そう、あのニュースである。

 

 

 

記事にも以前書いたとおり私のジャニオタ人生は、中居正広さんから始まった。

 

 

 

そんな私としては、色んな意味で悲しく、また気持ちの整理もいまいちついていない。

 

 

 

なので今思っていることをなんの脈絡もなく書き綴っていこうと思う。私が吐き出し整理を付けたいだけの記事なので、飛ばして頂いて構わない。

 

 

 

 

まず、今回の騒動に関し、私はSMAPのファンの方より明らかに情報量が少ないし、彼らの歩みをすべて知っているわけではないし、今応援しているグループはメンバーが減ったりそういう危機が極めて少なかったグループであるからファンの皆さんの心中を察することは難しいので、語れることは殆ど無い。憶測だけでものは語りたくない、かと言って今報道されていることだけが真実かと言われれば、そうではない。

確かに私は今も中居くんのことは大好きだけれどここ数年のSMAP、ってのはあまり知らない。派閥問題なんかはかなり調べこんではいるけど、やっぱり内情は分からないから文章には起こせない。思うことはあるけど。

だから今回は具体的な話にはあまり触れずに書こうと思う。

 

、、、ってやっぱおかしくね?っていう。

歴史に名を残す偉大なスーパーアイドルが散っていく、時代がひとつ終わりを迎えようとしているってのに分からないことづくし。

ファンの方も1月から何も分からず不安であることはなんとなく拝見している。それでも信じて待ち続け、本人たちの言葉しか信じないという姿勢は、情報社会のこの世の中で、真偽のわからない情報が溢れ、錯綜した時私はそう出来るのだろうか、とかなり考えさせられたけども。

ワイドショーを見てみても「なぜ?」「どうして?」「〜〜なんでしょうかね?」「彼らにしかわからない何かが〜」ってあのね、、、あまりにも事態が読めなすぎるよ。

誰が悪いとかは書く気もないし考えないようにしようとは思っているけども。

メンバーにわだかまりを残し、完全な結論ではないままこのような決断に至った。

デビュー25周年でファンに恩返しをしようって解散はしません、前向きに行くよって言葉を聞いたばかりだったのに、急転直下のこの報道。

本当に訳がわからなかった。空っぽ。

いまの私は嵐ファンを名乗っているし、たしかに中居くんの話をすることは殆ど無い。でも、大好きなもんは大好きだし。私に多大な影響を与えた存在。とっても素敵な人。

だれよりもSMAPを愛し抜いて来た人が、こういう結論に至り、腹くくって周囲に迷惑かけないように明日報道が出るからってメールをする姿を考えたら泣けたよ。本当に。

中居くんは確かにもともと頭のいい人だけど、どんどん大人になっていくね。なんだか寂しいし切ないし。そんなところで大人になってしまわなきゃならなくなった、こんなに頑張ってきたのにわがままひとつ通らない。後輩たちの今やっている仕事の礎を築いた人たちが蔑ろにされ後輩たちと共演できない。

何故?という思いは募るばかりだよね。

 

SMAPは元々仲が良い!というグループではなかったし今回の報道は信じられない部分が大きい。だけど一人でも解散、いわばアイドルという職業を自主退職したいという選択をした人がいるという事実はね、きっと本当。

未だによくわからないことだらけだけど、今私を襲っているのはとんでもない喪失感と寂寥感。たまらないです、本当に。

 

 

一方でそんな自主退職を選択した彼らを見て、

清々しさを感じるほど、私達に「ステージ上終身雇用」と歌い、高らかに宣言した、今私が愛してやまない人の存在も、頭をよぎった。

 

アイドルとは?

辞書で引けば、『偶像』と書かれているだけ。でも、ファンの数だけアイドルの形がある。

私達に、夢を見せてくれる人。

魔法使いみたいな職業、アイドル。

光と影は紙一重だし、とても厳しい世界。

でもね、私は裏側は知らなくていいよ。親近感なんていらないし、夢を見せ続けて欲しい。たまに覗く普段のあなたにときめきを感じるのは確かだけど、あなたは偶像のままでいい。

実際にこの世界に生きている人間なのに、人々の偶像として存在しなければならない。そんな彼らの気持ちは、これっぽっちも理解できない。きっと私の知っているあなたなんて、表面のほんの数ミリにしか満たない。

だけど、知らないから知りたいと思うだけで、愛せないから愛したいと思うだけで、私達にはそんな距離感が大切なんだよね。

それこそが夢を見続ける秘訣というか。その点櫻井くんは絶対に勘違いさせないし、アイドルとしてファンとの絶妙な距離感とか、これ以上人を寄せ付けない絶対領域をきっちり決めている人。今は結婚がリスクだって言っちゃう人。そしてステージ上終身雇用なんて語っちゃう人。

 

誰よりもアイドルから遠い存在として生きてきて、でも誰よりもアイドルやってるすごい人。どれだけの覚悟があればステージ上終身雇用なんて言い切れるのか。国立競技場で8万人のファンの中。堂々と宣言しきった彼。さらっと歌いあげてるけど、もう想像もつかないくらいの覚悟や決意、諦め、期待、色々なものが詰まった言葉。だからこその"MYLIFE IS MYMESSAGE "。

 

「ちょっとのことで、どんどんこぼれ落ちていってしまうから、この夢が醒めないように、一日でも長く見られるようにっていうのが、今の目標」という彼の姿が、やっぱり自主退職を選ばざるを得なかった彼らの報道を見た時、真っ先によぎった。

 

私自身、解散という形には抵抗はない。

昔のアイドルは解散することがむしろ当然であったし、誰かが体を壊したり、命の灯火が消えることでグループとしての形を保てなくなるくらいなら、アイドル定年制度を作って欲しいくらい。ただ、本人たちの言葉で、気持ちが聞ければ。お互いスッキリ終わることができれば。お別れができれば。

櫻井翔くん個人にはステージ上終身雇用してほしいとは思っているけど、グループ活動にはある程度の限界があると思っているし、嵐はきっと一人がダメになったら共倒れするグループだから。だからこそSMAPはどうするんだろうって見守っていたのに半ば強制的に解散という選択肢が現れて来てしまった。これは悲しむべき事実。しかも彼らは事務所に残留するという。来年の更新ではわからないけど、、復活への希望を見出していてくれたら嬉しいけど、厳しい一年になることは確か。彼らの待遇が変わることを切に願っているけど、きっと無理だし、今まで以上に虐げられることになるだろう。

 

そこでジャニーズ事務所を背負うことになるのが嵐だよね。

SMAPという絶対的存在がいるからこそのびのびやれていたけど、どうなるの?っていうのは心配です。昨年のJaponismツアーから妙に事務所背負いだしたから不安には思ってたけど。ただ社長も副社長もそんなに長生きできる確証はない年齢まで来ているので、二人が立て続けにいなくなったら大混乱だし、事務所ごと傾きそうで怖いなとも思っています。

 

もう今回の事でいろんな不安も出てきたし、考えさせられることだらけです。

 

 

でもね、一番強く思ったのは。

「Mr.S見に行っておけば良かった」っていう後悔。

知り合いがチケット余ってるからって誘ってくれたのに、すっごく行きたかったのに、あんまりにも急だったからお金が準備できなくて断念したコンサート。次は25周年かな、絶対行こうって誓ったコンサート。ちょうど27時間テレビ見てやっぱSMAPすげえなあ、好きだなあって思って、行きたくてどうしようもなかったのに。次があるよね、って思っちゃった。行っておけばよかった。本当に後悔しています。

 

だって誰もあれが最後だなんて思ってなかった。5人旅のスマスマいつでも見返せるように録画しておけばよかったとか、本棚パンパンになってあえなく嵐のページ以外処分した雑誌とっておけばよかったとか、今更後悔ばっかりで。日常に溶け込んで当たり前なときはなんとも思わないのにね。

 

 

 

だから愛せるときに愛せるだけ愛しときたいなって強く思ったし。会いたいと思った時は、会えるだけ会いに行こう、伝えたいと思った時は、全力で伝えよう、ちょっぴり嫌になった夜も、全力で想って夜泣いてやろう、もし一番が変わっても、ずっと大好きだよバカって言ってやろう、もうずっとついていきたいしその背中を追いかけて追いかけて追い掛け回してなんかよく分かんないけど抜かしちゃうくらい、絶対後悔しない!って思えるくらい、今全力でやれることはやろうって思った。

 

こんな悲しい理由で改めて思いたくはなかったことだけど。

 

でも、そう思ったよ。

失くして気づくものって、やっぱりあるものだよね。それはきっと避けるのは難しいこと。だけど、後悔の種は減らしたいなって、強く思うきっかけになった。

 

 

きっとSMAPは私の中で永遠に一番のアイドルであることに変わりはないし、また5人がひとつになって笑い合う日が1日でも訪れることを願いつつ、わたしが一番最初に好きになった人のしあわせを祈ります。苦労して、傷付いて、大人になった分まで、あなたに幸あれ。

 

 

そして、櫻井翔くん。

これからも私に輝く夢を見せてね。

その言葉で、その背中で、私を未来に導いてね。絶対後悔しないくらい愛し抜いてみせるから。でも、あなたに夢を見せてもらい続けることより、あなたのその笑顔が私には一番だから。ずっと笑っていてね。幸せでいてね。あなたの幸せの一部でいられたら嬉しいな。だからステージ上終身雇用を誓ったあなたが、どうしても走れなくなった時は、私が背中を押してあげる。それでも無理なら、あなたの笑顔が奪われるなら、私は笑顔で見届けるよ。私はあなたの勇姿を、メッセージという名の生き様を、見守り続けるよ。

 

 

 

 

結局書きたくても書けないことだらけだったし、言葉にできない思いだらけだった。

もやもやはまだ消えてない。

でも、昇華させなくてもいい思いってあるかなって少しは思えた。

だいすきなSMAPのかたちが急に奪われることになって、返してって思うし、なんでなんでって思うけど。私には櫻井くんがいてくれるから。今年いっぱい、新たな後悔のないようSMAPを見届けます。

 

はあ。かなしいね。寂しいね。もっともっと先頭切って道拓いていく姿を見ていたかったね。後輩たちの憧れで在り続けて欲しかったね。無念です。

 

願わくば、彼らの本当の思いをいつか聞くことができますように。

 

25年間、走り続けてくれてありがとう。

これからも走り続けてほしいな。

おやまの好きなところ5選

大野智 山コンビ 櫻井翔

はーい!なつ子です!

 

 

 

さっきは真面目な記事書いたんですけど私らしくアホな記事書きたいと思います!

 

 

 

今回は「おやまの好きなところ5選」ということで。

 

 

早速書いていきますね。

 

 

 

1.独特の空気感

おやまの空気感って本当に独特ですよね。

 

 

ほわほわ〜ってしてるんだけど

いつでもその根底には絶大な信頼と尊敬が見え隠れする感じが。

 

 

いつもは交わり合うことは少ないけどピンチの時には強固なメンタルで笑いをかっさらっていっちゃうし。(ミュージカルとかね)

 

 

いつでも息ぴったりだけど、よく見てみると、櫻井くんに大野くんが合わせてあげてるんですよね。

 

 

櫻井くんは、大野くんなら分かってくれるっていう安心感があるから委ねてやりたいようにやれてるんだと思います。少なくとも嵐の活動の中では。

 

 

そしてデビューして17年経ってもまだまだ先輩後輩の関係性がほんのり残ってる。

 

 

それってすごいよなあといつも思います。

 

と、思ってたら急にアホなことやりだすし本当にあんたらはもう、、、、、好きだわ。

 

 

 

2.お互いを尊敬しすぎ

まあおやまが好きな人は口を揃えて言いますよね。これ。

 

 

他のコンビはないところだと思うんですよやっぱり。

 

 

 

お互いがお互いの持ってないところを褒め合い、補いあっているという事実。尊い。

 

 

櫻井くんは大野くんの絵の才能、ダンスの才能、歌の才能。そのどれもをとっても大切にしています。

 

個展をやってほしいって直談判しちゃうくらい(そしたら「一人じゃ寂しいから会見出て❤」ってお願いされちゃって本人よりベラベラ喋った櫻井くん)

 

 

そして大野くんは櫻井くんの頭がいいところや、頭が切れるところなんかを尊敬しています。あとかっこいいところも。(笑)

 

 

まあ最も大野くんは櫻井くんの絵が下手なんて思ってないみたいですけどね。

 

"翔くんの絵は可愛い。もし彼女なら絶対好きになってる。"とか言っちゃってますからね。もう何でもありかよ。

 

互いに色んな番組に出るたびに本人不在の中言うもんだからお姉さんは毎回テレビの前で泣いてるよ。

 

 

 

3.名前の呼び方

 

「さ↓と↑し↑くん↑」

(親子丼と同じ発音)

 

 

「しょおくん(ふにゃ)」

(最近はしょうちゃんって呼ぶけどね)

 

 

 

これはやっぱね。どのコンビも及ばないっすわ。

 

 

下の名前で呼び合うところ。

 

 

 

智くん呼びはお馴染みだけど、実は呼び始めたのってWESTSIDESTORY(以下:WSS)から。

 

 

それまではずっと大野くんって呼んでた。

(大ちゃんって呼んだら「翔くんが大ちゃんって呼ぶと妙に可愛くて気持ち悪い」と却下される。)

 

 

だけどWSSで一ヶ月間同じ楽屋で過ごして、より仲を深めて下の名前で呼ぶように。

 

 

 

大野くんは余裕たっぷりでずっとしょおくんだけどね。

 

 

 

最近は櫻井くんがお仕事モードで智くんって呼んでくれなくてとっても寂しい。

 

ぽろっと呼んでくれ。

 

 

 

4.やっぱり歌とダン

「海外に持って行っても恥ずかしくないダンス」

 

 

とジャニーさんに太鼓判を押された唯一の人。それが大野櫻井。

 

 

 

そして大野くんは抜群の歌唱力、櫻井くんのリズム感とラップ。

 

 

 

ソロコンを開くくらいですから本気を出せば相当ですよね。

 

 

生で聴きたいし見てみたい。

 

 

大野大サビソロに櫻井ラップとか、櫻井くんのラップにかぶさる大野くんのフェイクとか。

 

 

最高にシビレますよね。

最近あんまり聞かないから久々に体が欲してる。

 

 

 

 

あと心がしっかり通ってるからなのかユニゾンの相性がめちゃくちゃいい。

 

 

 

大野くんの心の通った伸びやかな歌声に鮮やかに、でも控えめに華を添えるような櫻井くんの歌声が心地よすぎて。

 

 

 

おやまユニゾン最高なので今年のシングルは正直嬉しすぎてしんでいます。いや生きてるけど。

 

 

 

 

5.あ〜いっぱいありすぎて5選とかにしたのそもそも間違ってたわ。

 

いや、それ言ったら元も子もねーだろ!

って話なんだけど。ごめん。

 

 

 

おやま奥深すぎて自分の言葉で表しきれる自信が無い。(あれこれ前の記事でも書いたな)

 

 

 

とにかくおやまはすごいんです!自然の神秘!ジーザス!

 

 

だから少しでも興味を持った人はぜひ

_______________

|山コンビ エピソード      | 🔍検索 |

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

 

でよろしく。もっと好きになっちゃうから。

 

 

 

 

あ〜山の日って最高な日だね。

国民が山コンビのこと考えるために休むんでしょ?#違う

 

 

 

もう記事書きながらお山好きだわって噛み締めて泣きそうです私。

歯食いしばりすぎて多分3mmくらい削れてる。

 

 

 

だいすきです、おやま。

今日は彼らのことを見つめなおしてもっと大好きになる日。

 

 

 

いつまでも、末永くお幸せに!

―8月11日に寄せて―

櫻井翔 山コンビ 大野智

さて、本日は国民の休日として新たに制定された

 

 

 

"山の日"

 

にちなんで、「山コンビ」と呼ばれる彼らにスポットを当ててお話をしたいと思います。

 

 

嵐の大野くんと櫻井くんのコンビ名、それこそが「山コンビ」であります。

 

 

 

嵐という漢字を『山』と『風』に分け、年上の二人を山コンビとしています。

 

 

 

彼らはとてもすごいコンビです。

 

 

 

 

…もう一度言いますね。

 

 

 

 

彼らはとてもすごいコンビです。

 

 

 

なぜなら。

 

 

ジャニーズの様々なグループの中で人気のあるコンビは、Jr.の頃シンメだったり、同期だったり、お家が近かったり。何かと有名だったり仲良くなるきっかけが落ちていたふたりなんですよね。

 

 

 

それに対し、山コンビは大野くんのほうが一年先輩ですし、お互いのシンメは既に退所しています。なんなら同期もほとんど辞めてしまっています。

 

 

 

 

だけど。

最高に魅力の詰まったコンビなのです。

 

 

 

では、それはなぜか。

4年以上彼らを応援し続けている(自称)おやまエピソードの宝箱なつ子がいくつかのエピソードを交えながら分析していきたいなと思っております。

 

 

親の反対を押し切りジャニーズ事務所に入所した櫻井少年。

 

 

そんな彼にジャニーさんは「大野の後ろで踊って来なさい」と言いました。

 

 

それが(おそらく)この壮大な愛のストーリーの始まりなのです。(お前の表現が壮大すぎるわ)

 

 

 

きっと、将来は良い大学に入って良い企業に就職して、、という未来が確約され、決まった人生のレールを歩むことが決まっていた櫻井少年。

 

だからこそ彼は事務所をやめるつもりだった。

 

 

一方、ダンスを極めたいから事務所にいるだけでそれよりもやりたいことが見つかったらすぐに辞めよう。と自由な羽をはためかせ飛び回っていた大野少年。

 

 

きっと櫻井くんは当時から大野くんの中に自分が持っていない、いや持てないものを見ていたのだと思います。

 

もちろん、その才能にも惚れ込んでいたのだと思うけれど。

 

そして、大野くんもそんな風に自分を思ってくれる櫻井くんのことを可愛く思っていました。

 

 

Jr.の頃椅子に座ってスケッチブックに絵を描いてたら、隣に翔くんが座ってずっと絵を見てた。

大野くんは他人に絵を描いているところは基本的に見せないと以前言っていました。

 

 

それでも熱心に「すごい!」と言って大野くんを見つめる櫻井くんには負けてしまったんだろうなあ。(笑)

 

一緒にバンド組んでみたり、京都でハンバーグおごってもらったり。

どうしても風っ子ちゃんたちと今デビューしてる子たちのエピが多く語られてしまうけど、おやまも結構可愛い話あるのよ。

 

 

そしてデビュー。

 

どちらにとっても思いもよらぬ展開。

 

 

 

きっとデビューして数年は彼らにしかわからない苦労がたくさんあったと思う。

 

 

年下のヘマを二人で謝りに行ったり、なんてこともあったみたいだし。

グループをどうしていこうか、葛藤していたのだと思う。

 

 

 

そういう時期があるからこそ櫻井くんが先頭切って嵐の進む道を拓いて、大野くんが最後尾から全員の背中を押してあげる、っていう形ができたんだと思う。

 

 

 

そして、そんな苦労をたくさん目の当たりにしてきたからこそ「リーダーはあだ名だ」って本人は言うし、他のメンバーもいじったりするけど、櫻井くんは「リーダーは大野しかありえない」って絶対に言う。

 

 

「大野は精神的支柱」

 

 

 

彼はいつも言うけど、本当にそうだよね。

 

 

智くんは、多く語るタイプじゃないけど、自分が欲しい一言を絶対に言ってくれる

 

櫻井くんが大学生とアイドル業をしていた時の葛藤。

 

周りが就職活動してて、自分も友人の活動を手伝ったりしているうち、自分はこれでいいのか?と思い悩んでいた時期。

 

 

間違いなく大野くんの存在は、彼の支えだったんだと思う。

 

楽屋で翔くんの疲れきった寝顔を見た時、"頑張れ"なんて簡単に言っちゃいけないと思った。

大野くんは櫻井くんに絶対"頑張れ"って言わない。

 

"無理しないでね"って言う。

 

それは、誰よりも努力家で、誰よりも自分に厳しい彼をわかってのこと。

 

 

 

お互いを思いやり続け、尊敬し続け。

 

 

 

そんな絶妙な距離感が唯一無二のコンビたる所以だと思う。

 

 

 

全然腐に持っていくつもりもないんだけど、彼らってどう考えても「夫婦」なんですよね。(まあたまに付き合いたてのバカップルみたいな清々しいアホさも見せるけど)

 

 

 

足りないところを補い合って、支えあって、褒めあって。

 

 理論的と、感覚的。

静と動。赤と青。両極端な局面を多く持つ二人だからこそ、根底は同じだったり。

 

 唯一年上の大野くんには甘えられちゃう櫻井くんとか。長男気質で甘えられない櫻井くんを実は甘えられるように仕向けてる大野くんとか。

先輩として慕ってくれるから櫻井くんにはちょっと強く出る大野くんとか、それが実はちょっぴり嬉しい櫻井くんとか。

 

見ていて誰も不快な気持ちにさせないし、なんなら最高にハッピーだし。

 

 

 

そういうコンビってなかなか見当たらないと思うんです。

 

 

 

好きすぎて上手く言葉に綴れていない自信はあるけど、少しでも彼らの魅力が伝わっていればいいなあと思っております。

 

 

 

まあね?

何が言いたいかって言うと。

 

 

 

 

 

 

おやまサイコーーーーーーー!!!!

 

 

 

 

 

ってことですよ。(初めからそう書け。)

 

 

おやまが好きな人も、そうでない人も、いやいやどう考えても櫻葉だろしょにのだろ翔潤だろって人も。

 

 

この記事を読んで少しでもいいコンビだなあって思っていてくれたら嬉しいです。

 

 

私こんな記事書く予定じゃなかった。どうしよう。予想外。ワオ。

 

 

 

ってことで!もうひとつ記事をアップしますのでそちらもお読みいただけたら嬉しいなと、思っております!

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

櫻井翔くんの"愛され力"の秘密

櫻井翔
どうも〜なつ子です。






さて、本日は『櫻井くんの"愛され力"の秘密』





というなんともananの企画のような記事を書きます。





と、いうのも。




先日のMUSICDAYで先輩後輩に関わらず愛されすぎる櫻井くんを見た私。





そして、今日も夜会で風磨くんに熱烈アプローチを受ける櫻井くんを目撃し、その愛され慕われる櫻井翔たる所以を知りたいなと思い今勢いでこの記事を書いています。






私なりに考察してみたので皆さんも櫻井翔という人が愛されるワケを考えてみてほしいなあと思います。






まず第一に彼の人間性がとても優れていることが信頼を得ているのだと思います。





生真面目で体育会系な櫻井くんは縦のつながりもとても大事にするし、意外とアツくて男らしい。そして素直で可愛らしい一面もあって



先輩、後輩問わず愛されているのだなと。





そしてその元来持っている真面目で素直な性格から





"自分が先輩に愛してもらったように後輩の事もしっかり愛そう"




という気持ちで後輩と接しているのだと思います。




親身で男らしくて格好いい先輩。



…慕うしか無いでしょう。



マジリスペクト櫻井パイセン。






そして先輩には礼儀正しくそして素直で可愛い後輩として愛され。







もう彼は世界中の人々に寵愛される星の下に生まれたのでしょうね。







ただ、私は櫻井くんが愛される一番のワケは違うところにあるように思います。







先日、星野源さんが櫻井くんに届けたラブコールの中に、こんな言葉がありました。





櫻井くんの包容力がすごい

まさしくそこだと思うのです。





櫻井翔という人間は




圧倒的な"肯定力"の持ち主だと思うのです。





それは類まれな才能で誰でも努力すれば持てるというものではなく、生まれ持った特殊な能力だと思います。






そこにいるだけで、その瞳に見つめられているだけで、その声を聞くだけで。





自分が認められているように感じるほどの包容力。安心感。





もちろん、それは態度や雰囲気だけでなく言動の端々にもにじみ出ていて。





櫻井くんは基本的に否定ではなく肯定から入る人で、ZEROの時も本当によく痛感します。




絶対に相手の発言を否定したりせず、肯定から入る。




メンバーの自分を落とすような発言ですらも完全に否定的な意見のままにせず、肯定的にしてみせる力。




仮に自分が違う意見を持っていたとしても、絶対に否定しないんですよね、彼は。




以前大野くんも言っていましたが
翔くんはどんな話をしても馬鹿にしたり笑ったりしない


これこそ、彼の持つ絶大なる肯定力だなと。




風磨くんのメールにも"それでいいんじゃない"おじさんだったけど。(笑)



決して面倒くさいからとかじゃなくて、親身に考えた上での結論だってみんな分かってるし、きっとそれがその時相手の求めていた答えなんだよね。



そのままでいいから、頑張れよっていう。


それは、気遣いの人だから意識している部分もあるのかもしれないけど、基本的には彼の持つ素晴らしい力によるものだと思います。





…いやいや、もうマザーテレサかよ。





もっと世界中が櫻井くんへのときめきで溢れたら世界ってめっちゃ平和になっちゃうんじゃないの??





もうそんな頭悪い発言しちゃうくらい櫻井くんって天性の愛されキャラ。





これからも色んな人に愛され慕われる、
そんな素敵で格好いい大人の男で居てね。





そんな櫻井翔くんを愛するオタクからのメッセージを伝えたいがためにこの記事を書きました。





最後までお読みいただき、ありがとうございました。

出演作からみる櫻井翔という人間

映画 ドラマ 櫻井翔
こんばんは。




なつ子です。






さて、本日はタイトルにもあります通り




『出演作から見る櫻井翔という人間』





ということについて考察していきたいと思います。




まず初めに櫻井くんの出演したテレビドラマ・映画についておさらいしたいと思います。


テレビドラマ

熱血恋愛道 第9話「case.9 牡羊座のAB型BOY」 - 武内アキラ 役

Vの嵐 - 櫻井翔

☆2000 FNS 1億2700万人の27時間テレビ夢列島 〜家族 愛 Love You〜 スペシャルドラマ「父さん」 - 大村彰 役

天国に一番近い男 教師編- 藤堂あゆみ 役

少年タイヤ「青木さん家の奥さん」 - ショウ 役

木更津キャッツアイ - バンビ(中込フトシ) 役

よい子の味方 〜新米保育士物語〜 - 鈴木太陽 役

演技者。「蝿取り紙」 - 山田陽平 役

スペシャルドラマ『ナースマン』- 岩田正也 役

劇団演技者。「アンラッキー・デイズ〜ナツメの妄想〜」- カントク 役

☆トキオ 父への伝言 -宮本時生 役

ヤンキー母校に帰る〜旅立ちの時 不良少年の夢 - 義家弘介

劇団演技者。「石川県伍参市」- 川瀬ジュン 役

世にも奇妙な物語 春の特別編 「才能玉」- 太田真和 役

山田太郎ものがたり- 御村託也 役

ザ・クイズショウ - 神山悟 役

最後の約束 - 富澤友紀夫 役

阪神・淡路大震災から15年 神戸新聞の7日間 〜命と向き合った被災記者たちの闘い〜- 三津山朋彦 役

特上カバチ!! - 田村勝弘 役

謎解きはディナーのあとで- 影山 役

☆ブラックボード〜時代と戦った教師たち〜 第1夜 - 白濱正平 役

家族ゲーム - 吉本荒野/田子雄大 役

大使閣下の料理人 - 大沢公 役


映画

ピカンチシリーズ- 鴨川忠(チュウ) 役

木更津キャッツアイシリーズ - 中込フトシ(バンビ) 役

ハチミツとクローバー- 竹本祐太 役

黄色い涙- 向井竜三 役

YATTERMAN 〜ヤッターマン〜 - 高田ガン 役

神様のカルテ- 栗原一止 役

謎解きはディナーのあとで - 影山 役




以上が櫻井くんの出演作です。

(抜けがありましたらこっそりお知らせください)



さて、本題に入ります。


こうして櫻井くんの演じてきた役柄を見てみると、ふと気づいたことがあります。


真面目で清潔で爽やか、、



櫻井くんへの世間のパブリックイメージって、こうだと思うんです。



しかし、櫻井くんの出演作は意外とそういう役柄が少ないということ。



☆印をつけたドラマは過去になにか抱えていたり、闇のある役柄です。


チームメイトの選手生命が絶たれてしまうほどの怪我を追わせて外界との交流を閉ざす男の子、親から虐待を受ける子、兄と比べられ続けることがコンプレックスで自殺未遂をしてしまう子。

他にも病気で亡くなったり記憶を失くしたり生徒を死に追いやったりとつくづく不運で悲しい役や闇を抱えた役が多い。



特に印では示していないませんが、明るくひたむきな一見櫻井くんらしいと思われる役たちも、親を亡くしていたり厳しい親に育てられたりとどこか寂しげなことがほとんど。



確かにキャスター業を始めてからスーツを着る役なんかは多くなった気がするけれど、


案外テレビの人たちは櫻井翔という人をただ


「爽やかで仕事ができるスーパーマン



とは思ってはいないのだな。ということに気付かされた。




世間のパブリックイメージから考えると普通はオファーされにくい役どころが多いと思うけれど、


同じ業界の人たちは長い間彼と接してきて

きっとこれをやらせたら、きっとここを引き出したら面白いことが起こるということを分かってオファーしているはず。




きっと業界の中で彼は「真面目で爽やか」なだけじゃなくて、持ち前の反骨精神を剥き出しにして来たんだろうと思うと胸が熱い。



そして私が日々感じる


櫻井くんの持つ『二面性』を見たいという気持ちは


櫻井くんに関わる人たちも同じなのかもしれないと思った。



いつも強くて元気いっぱいな彼が、ふと見せるめんどくさそうな表情とか。


バリバリ仕事しているのに突然無になる瞬間とか。



すごく人当たりがいいふりして、実はめんどくさいところとか。




「強さ」と「儚さ」

とか、

良い意味での「表」と「裏」とか。



完璧と見せかけてふと見せてくれるそんな表情が大好きでたまらなくて。



たくさんの矛盾を抱えて、それと共存する櫻井くんの人間臭さが大好きでたまらなくて。




それはきっと彼と関わった人すべてをそんな気持ちにさせるのだろうなと出演作を振り返って感じた。




長ったらしく記事を書いてきたが、


この記事を書いた理由はただひとつ。





「そろそろ櫻井くんの演技ゴト見たい!!!渇望!!!!」



という気持ちからである。




今クールのドラマが決まってからウズウズしていたのに大野くんの映画が決まって我慢のリミッターが外れた。




分かってるよ?この夏は忙しすぎるの分かってる。



体壊してなんて欲しくないからDVDで凌ぐけどね?




1月クール待ってるからね。




そして、闇抱え系もいいけど

今度はド直球ラブストーリーが見たいなあ。




ハチクロみたいなきらきらしてあったかいやつ。




まあ、櫻井くんの色んな表情が見られるなら、何でもいいかな!




さーてと、クイズショウでも観てきますか。




では。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ジャニーズの策略に嵌まる女

櫻井翔
どうも〜なつ子です。



前回お知らせしましたとおり、今回は
私のオタク史について記して参ります!



私のオタクの変遷をざっくり辿ると

中居正広→嵐



以上です。




、、え?




以上です。



しかしそこへ辿り着くまでにワタシ的にはかなりのドラマがあるわけです。(笑)



それではオタクとしての私が始まり、今に至るまでを書き記していきます。



1歳半のとき、中居正広さんを好きになる。


記憶には全くないのですが、

ホームビデオに『中居くんのCMが掛かると異常に騒ぎ出す私』が幾度となく登場しているのです。



とくに牛丼のCM。中居くんと一緒に

「ぎゅーうどーーーーん!!!」

とはしゃぐ私。




そうなんです。人生の半分どころかほぼ全てを私はジャニーズに捧げているのです。

もうこれは運命という言葉以外で説明がつきません。生まれた時から私はキラキラアイドルに翻弄されるファンの星の下に誕生したのです。



3歳、SMAPのコンサート初参戦

中居くん大好きな私のために両親が誕生日の辺りで地元でコンサートがあるということで、チケットを取ってくれました。


なんと一般チケット。電話で。

当時のSMAP、今の嵐くらい、もしくはそれ以上人気だったのに。

マイマザーマジリスペクト。


席は天井席だったみたいだけど、こんなマセガキにはそれくらいが丁度いい。

むしろコンサート行けたことに感謝したまえ。



_____しかし。

私は失態を犯した。


だ〜いすきな「ましゃひろくん」のソロ曲、『トイレットペーパーマン』が始まった、その瞬間。


なんと!爆睡です!


自担のソロで!寝るだと!?考えられん!!!


しかもいま親から聞くとめちゃくちゃ面白いソロだった。中居くんの歌声を聞くとみんながトイレに駆け込んじゃうっていう、馬鹿みたいにくだらないソロ。


今でも中居くんのことは大好きだから、心底後悔している。



5歳、二宮和也くんに一目惚れ。

忘れもしない、2005年11月16日のことだ。(日付は最近調べた。)


昔からディズニーやジブリを見ず、バラエティやドラマを見て過ごすTVっ子だった私。


熱中したアニメはプリキュアだけだ。

未だに他のアニメはわからない。


そんな私がいつものように大好きな中居くんの番組『うたばん』を見ていた時。


花男の人がおる〜!!

でも私道明寺嫌いやねん類くんが好きやねん


そう。嵐が『WISH』を披露しに来た回。


道明寺しか知らなかった私は、ふと横に並ぶ四人を見渡して、雷に打たれた。



「なんやこの人!めっちゃ駿ちゃんに似てる!!❤❤❤」


駿ちゃんとは、私が当時恋をしていた、いわゆる初恋の人。


今思うと全く似ていないが5歳の私は初恋の人にそっくりな彼、「にのみやくん」を好きになったのである。


今思うとめちゃくちゃ可愛い理由だ。

でも、これが沼(いや、泉)への入り口だった。


9歳、櫻井翔くんを発見する。

順調にドラマを見て歌を聞いて

にのみやくんを好きになっていった四年間。

(この間初恋の人とはお別れをした)


そんな時、転機が訪れたのだ。


2009年4月に放送された「ザ・クイズショウ」を見た時のこと。



『えっえ!?こんな格好いい人私知らん!!!!!』



そう。櫻井翔という偉大なる存在を私は4年間も見落としていたのである。


もちろん存在は知っていた。

山田太郎ものがたりも観てた。

なのに、櫻井翔の魅力に気付かずに私は4年間嵐ファンを名乗っていたのだ。



愕然とした。


ここから私は取り返しのつかないオタクへと変わっていったのだ、、


直後親に「ARASHI AROUND ASIA 2008」のDVDを買ってもらい、彼のソロを聞いて完全に堕ちた。



以来、彼の虜なのである。

(2012〜2015年までは山コンビの担当をやっていたが、今年櫻井翔くん一本で行くことを決心)




つらいこともあるけど、毎日めちゃくちゃ楽しいから、まだまだオタクはやめられそうにない。


かなり端折って書いてる部分も大きいので細かいところはこれから徐々に記していこうと思う。


ジャニーズの策略に嵌り続け早15年。

これからも分かっていながら私はその策略に嵌り続けていくのだろう___



あ〜オタクたのしい!(笑)


私がはてなブログを始めたワケ。

はじめまして。



なつ子と申します。




この度はてなブログをはじめました。




みなさんに素敵な話題を提供できたら、と思っております。



さて、ここで少し私のお話をしたいと思います。



私は雪国生まれの高校生、嵐のファンを10年ちょっとやらせてもらってます。

好きなメンバーは櫻井翔くんです。




そんな私がはてなブログを始めたワケ。



まず、Twitterの字数では満足できなかったからです。


(いやいや、単純すぎるやないかい)



(記事にするほどでもないやん、、)



私はもともとブログをやっていたのでこちらの方が性に合ってるんですよ。



文章をわかりやすく簡潔に伝えたいとは思うんですけど、いつもどうしても140字を超えてしまって削って削ってツイートしてました。



だから本当に伝えたいことが少し削られてしまったり、なんてことが多々ありました。




それが惜しいなあと思ったことが理由の一つ。




そしてもうひとつはリハビリですね。



私は将来“言葉“に携わるお仕事をしたいと考えています。




昔から読書や言葉に触れることが大好きで、文章を書くことも大好きでした。




読書を趣味にしているだけで国語だけは勉強せずとも満点近く取れるし、小5のとき漢字検定2級を取得出来ました。(準1級は3回落ちて以来受験してません、今年は取りたいな)




しかし、去年私は受験生でした。




受験する高校はかなり難関でした。
1月の時点で合格率は40%という崖っぷちな状態。


勉強漬けの日々でした。



(結果からいうとあと1問足らずで不合格でした。まあ1月の状態から考えると上出来かな。)


そんな1年間で言葉に触れる機会は極端に減少し、文章力の衰えを自分でもひしひしと感じております。



私立高校に入学し、かなり勉強で忙しい学校なのでこれからも読書の時間は確保できそうになく、文章力向上には何がいいかと考えたとき、思いついたのがこのはてなブログでした。




好きなことを好きなように書いていい。
こんなに素敵なことがあるか!?と。




ビビビッとシンパシー感じちゃったわけです。



ことばのリハビリをしたい、それがもうひとつの理由です。



そんなこんなでこれから不定期ではありますが、このはてなブログを更新させていただきたいなと思います。




長文になってきたなあそろそろやめよか。



まあ皆さんに少しでもお楽しみいただければ、と思います!





次回は私のオタク史について更新したいと思います。


…え?興味ないって?
知っとるわボケ。



まあそこそこドラマチックなんで読んでみてくださいな。(笑)




それでは。お読みいただきありがとうございました〜!