読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいにち きらきら

もっと今を愛さなきゃだね

"仕舞いきれない想いの残骸"問題

先ほどの記事に触発されて

 

 

ひとつ、ラップのことで書かなければならないことを思い出しました。

 

 

 

小学6年生のなつ子ちゃんは、How's it going?に収録されているパレットが大好きでした。

 

別れの切ない歌なのに、なんだか暖かくて。そして櫻井くんのラップがすごく素敵で。

 

よく聴いていました。

 

 

パレットという曲の概要を説明すると、

 

 

恋人としては続いていくけど

離れ離れになってしまう

 

という歌ですね。

 

 

"「いつまでも好きだよ」って"という歌詞や

"きっと色褪せずに"

 

"まるで二度と会えない別れみたいに"

 

と言っていることから、恋人としての関係は続いていくが、何らかの理由で離れ離れにならなければいけなくなったのかなと推測できます。

 

 

彼が夢のために上京するのかな?美大生になるのかな???それで遠距離恋愛になるのかな。

 

 

なんていろいろ考えていたんですね。

 

 

頬を伝った雫の中に

仕舞いきれない想いの残骸

月の光が 唯一の灯り

無理だったね 笑顔でバイバイ

 

これがパレットのラップなんですが

めちゃくちゃキレイじゃないですか?

特に最初の二行。

仕舞いきれない想いの残骸っていう歌詞がもう最っ高に好きで。

当時文学少女だったなつ子ちゃんは大変感銘を受けたわけです。

 

 

これからもずっとずっと大好きなはずなのに、離れるのが寂しくて涙が止まらないよ、っていう超純愛ソングっていうのが私の中でのパレットの立ち位置。

 

 

 

しかし。あの曲を初めてきちんと聞いたあの日から、私の中の純愛のパレットはどこかへ行ってしまったのです、、

 

 

実は私の大のお気に入りの歌詞

仕舞いきれない想いの残骸

 

 

という歌詞が出てくる曲がもう一つあります。

 

そうです。

翌年発売されたアルバムいざっ、Nowに収録されているアレです。

 

 

The bubble(以下:泡)という曲です。

 

 

曲はウォークマンに入ってたけど、いつもは飛ばしちゃう、みたいな部類にいたこの曲。

 

 

世界の巨匠サトシオーノの伸びやかなフェイクと櫻井くんの低音ラップが効いててめちゃくちゃ格好いいし超絶エモいです。

 

 

まあ当時の私が泡を初めて真剣に聞いたわけです。

 

 

なんと、私が純愛だと信じて疑わなかった

 

"仕舞いきれない想いの残骸"

 

 

は、一年後、とんでもない姿に形を変えていたのです。

 

 

 

なんと、この曲は

"彼女の浮気に気付いてるけど別れたくないから聞けない男"の歌なんですね。

 

 

 

、、、、もうショック。

むり。

 

 

あんなに愛を誓いあったのに。

似顔絵まで書いてあげたのに。

 

いつまでも好きだよって、閉じたパレットに褪せない愛を込めたのに。

 

 

 

 

衝撃の展開を迎える訳です。

 

 

「仕舞いきれない想いの残骸」

いやに出るのは想いの反対

 

 

そう。この歌詞さえなければ。

この歌詞さえなければ、パレットと泡に繋がりがあるなんて考えることはなかったのに。

どうして同じ歌詞にしちゃったんだよ。

 

櫻井くんのことだからきっと繋がりがあるんだよな?そうなんだよな?と半泣きで調べたところ

 

「なんで書いたか覚えてない」だの「理由はない」だの、、

 

 

もう泣きましたね。

あなたのそのペンがファンの純愛の夢をひとつ破壊しました。せめて考えていてくれたら良かった。(もしかしたら言えないようなハードな設定があるのかもしれない(ない))

 

いつもは素敵な未来を創造してくれる櫻井くんのペンも、夢を壊すことがあるようです。

 

 

かれこれ5年以上根に持ってることになる。

 

 

このままこの曲たちを不幸なままにしておくのは納得いきません!ハッピーエンドにしたいです!!!

 

 

なので、私が勝手に裏設定を作ってそちらの設定を前提として皆さんには聴いていただこうと(自分の考えを押し付けるダメなオタクの典型)

 

もうそっちを通説にしちゃいましょう!()

 

 

 

まず、素直に聴いたらこういう曲の流れ

 

愛を誓って離れた相手に浮気相手がいることを知りつつも別れたくないから別れを言い出せない男、でももうすべての関係が壊れてもいいから言ってしまいたい

 

これを今からハッピーエンドにして行きたいと思います。

 

仮説1 彼女に片想いしている男の子の歌

 

女(彼氏持ち)の大学の同級生かな?それなりに仲が良くて女に思いを寄せている男の子がいるわけですよ。彼女と宅飲みして彼女が忘れていったケータイ。掛かって来た電話のディスプレイに表示される知らない男の名前。

出てみたら言われる

「ここで寝てるよ」ですね。

既に全然ハッピーエンドじゃない()

まだ自分の気持ちはバレてないけど、言ってしまいたい、どうしよう、すべてを投げ打ってでも良いから伝えたいけど、でもあの人には彼氏がいる、、、

切ない片想い男子。

 

 「いやに出るのは想いの反対」が一番通るのはこの説だなあと思います。

 

ただこれだとパレットとなんの因果もなくなってくるなあ。次行こう。

 

 

 

 仮説2 彼氏の同級生と彼女が不倫

アッもう2個目にしてやってしまった。

ダークネスモード。

 

 

"横にいるそいつ"が誰なのか、

彼女の浮気を疑っていた彼が

土曜の夜23時に(細かい)電話かけたら

 

「ここで寝てるよ」と、

横で寝てるそいつが!!!!地元では同級生で一緒にアホなことしてた仲の男の声が!!!!!となるわけですよ。

 

僕のほうがもう誰より多くを知っているよ、だからもう全部言いたい、元に戻せなくなっても、どうか僕に言える力を!!

 

本当に俺の事好きなの?

似顔絵まだちゃんと持っててくれてるの?

あの言葉は嘘だったの?

 

あーもうすぐ昼顔にしたがる性格出てごめんね()

 

 

あれ非情ですよねだって大野智くんに

「ここで寝てるよーーーーーーーーーーーーって」って謎のロングトーン歌わせるんですよ、あの長さはしんどい。

大野智くんの美声を楽しめるパートなはずなのに意識飛びそうになる。

 

だけどこれじゃ「いやに出るのは想いの反対」が説明がつかない。

 

ていうか展開がもうベタ。

占いツクールかよ。

 

よし。じゃあ仮説1.2を融合してみたいと思います。

 

 

 

 

仮説3 彼氏が浮気してるのを知ってた彼女の浮気相手が本命になろうとしている

 

すんごいドロドロになってしまった。

 

 

まあ彼氏もね、浮気してるんですよ。

都会には誘惑がいっぱいだから!バレるはずないだろうと!彼女のことも好きだけどちょっと遊びたくなっちゃった訳ですよ。

 

 

そこで彼女が親しい男友達に相談する訳です。彼氏が浮気してるかも知れないんだけど、どうしよう、、、、

 

泣きつかれた男は高校1年生の頃から彼女のことが好きだったわけですねおそらく。

 

この子を泣かせるなんて許せねえよあいつ、なんとか助けてやりたいっていう思いと彼女を手に入れるには今がチャンスなんじゃないか、、?という想いが交差するんですね

 

 

それがせめぎあった結果、彼女を慰めるふりをしてじわじわと彼女の心に侵食して、彼女と半同棲状態に。

 

 

だけど、ずっと好きだったとは告白できない。だって浮気はしてても愛し合ってるから。二人の関係は壊せない、どうしようと。

 

 

 

そんな時です。

彼女が彼氏のところに遊びに行ってくると言い出したのです。

 

彼は焦りました。

浮気について問い詰めてまた二人が一途になってしまったら自分には入る隙がないし、かといって別れてしまっても相談に乗って寂しさを埋めてあげるという口実で家に入り浸っている自分の役割が失われてしまうと思ったのです。

 

 

結果、彼女は東京へ向かってしまいました。

"彼ね、まだ私のこと大好きだった。大丈夫だよ"

 

とLINEが届くんですね。

 

そこで男は電話を掛けてみます。

そうすると例の男が出るわけですね

"ここで寝てるよ〜"って、のんきに!のんきに言いやがるわけです!

 

だけど自分のほうが女のこともお前のことも知ってる、俺が一番全部知ってんだよと。

おまえ彼女が来る前日女と寝てたろFacebook見てたらだいたい分かるわ(闇)と。

 

 

ああもう全部言ってしまいたい。

彼女はこのままじゃ幸せになれない、

俺にしなよって彼女に言いたい。

 

 

自分がやってることを棚にあげて

お前なんて別れちまえよ!って言いたい。

 

ああ

どうか僕に全てを伝えるだけの力を…

 

 

っていう歌。

これが一番辻褄合いますよね。

 

 

もしこれが韓国ドラマだったら告白を決意して待ち合わせた場所に向かう途中で彼女が事故に遭って記憶喪失してかれぴがオイシイとこもってくやつ。〜完〜

 

 

 

、、でもまって?

私ハッピーエンドに持っていきますね!って宣言したよな?まって、どの仮説も闇深物件。どうしよう。

 

 

結論 こんな切羽詰まった歌でハッピーエンドを考えるのは不可能

 

 

櫻井くんのペンで紡がれる素敵な言葉たち。

特定のメッセージを伝えるため意図的に使い回されるラップ。

 

そんな中で

特に意味もなく使いまわされた

"仕舞いきれない想いの残骸"

 

いくらそのフレーズが綺麗で気に入っていたとしても。その気に入ったフレーズでひとつの夢をぶち壊しました。彼。

 

せめて泡は"溢れる思いが止まらない"とかね!同じニュアンスでも今流行りのGReeeeN風にしといてくれればね?この曲達の因果について考えることはなかったのに。

 

 

 

でもお陰様で想像力がまたひとつ鍛えられました結果的に櫻井くんのラップありがとう!サンキュー!!!!

 

 

 

これを読んでパレットを純粋に聞けなくなった人がいたらごめんなさい。

あなたの新たな泡の超歪曲解釈、お待ちしております。私だってハッピーエンドにしたいから!考えてみてもらいたいです。