読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいにち きらきら

もっと今を愛さなきゃだね

拝啓 櫻井翔様

ジャニーズ事務所入所から満21年、

おめでとうございます。

 

 

今日からアイドル22年生の貴方を追いかけて8年目。

 

 

辛いこともたくさんあったのに、

ずるずるここまでファンを続けてきてしまいました。

 

 

 

やっぱりそれは楽しいことや嬉しいことがたくさんあるからで、何の後悔もありません。

 

 

櫻井くんに出会ったことで、私にはいろんな変化がありました。

 

 

人見知りで人と関わることが苦手な私が、

日本全国に同じ趣味を持つ友達がいて、その人たちと会って話せること。私からすると本当に奇跡みたいなこと。

櫻井くんがきっかけで、たくさんの輪を広げることが出来ました。初対面の人に話しかけて短時間で打ち解ける能力が普段にも生かされて少しずつ人見知りが解消されてきました。ありがとう。今はたくさんの大切な人に囲まれて暮らせてます。

 

そして勉強。

アイドル業の傍ら慶応大学に合格し、留年することなく卒業した勉強熱心なところ。その頃の話を雑誌で良くしてくれるから私の頑張る理由はいつしか勉強になりました。今でも友達と勉強会を開くくらい努力家で、ひたむきなその姿はいつでも刺激をもらえます。ありがとう。櫻井くんの後輩にはならないけど、少しでもあなたの近くまで行けるように頑張ります。

 

 

すごくネガティブな私が、少しずつポジティブになれているのも、櫻井くんのおかげ。

雑誌で紡ぐその言葉一つ一つを指でなぞって、角の折れた櫻井くんのインタビューのページ。とっても芯が強くて、男らしくて。

きっと他の人が言ったら綺麗事に聞こえてしまうんだろうなって言葉も、櫻井くんの場合結果が伴っていることを知っているから、とっても説得力があるし、簡単には真似できないことばかりで私も櫻井くんのような人間になりたいと思い続けています。少しは近づけてたらいいな。ありがとう。

 

そして私は櫻井くんのおかげで夢見ることを知りました。大好きだった読書。昔は小説家になろうかな、なんて思ってたこともありましたが。櫻井くんの紡ぐ言葉が大好きで、インタビューを読み続けて、追い掛け続けたら、言葉に携わる仕事って生み出す仕事だけじゃない。こんなふうに素敵な言葉を引き出す仕事や、伝える仕事。私の大好きな"ことば"は色んな形に変えられるもので。その瞬間視野が広がって不安な未来がちょっぴり明るくなりました。まあ結局ど直球な夢だけどね。ありがとう。

 

櫻井くんは、大好きな人であり、尊敬する人でもあります。憧れです。

だから、私にとって櫻井翔という人間には、たくさんの夢が詰まっています。

そして、いつか伝えたい「ありがとう」が沢山あります。ごめんねもあるけどね。

 

 

 

きっと、櫻井くんって誰よりもアイドルに向いてない人だよなって思うんです。

 

人生において決まったレールがあった人が事務所に入って、歌って踊って、仲間と笑って。

辞めようと思った矢先のデビュー。

彼がアイドルじゃなかったら、なんてことは想像もできないし考えたくもないけど。きっと真面目にサラリーマンやって、そこそこ良い地位について。誰にでも慕われる先輩になってたんじゃないかな。起業してそうな感じもあるけどね。

性格的にも、インタビューとか読んでて「向いてないなあ〜(笑)」って思うときあるもんね、(笑)

 

 

だけどね。

 

 

そんな貴方が世界中の誰よりアイドルしてるの。向いてないのにね。誰よりもアイドル。

 

 

沢山の重荷を背負って、犠牲にしてきたことも数え切れないと思う。それでも、続けることを選択してくれた。楽しそうに、笑っててくれた。私達に、色んな言葉を掛けてくれた。

 

 

だからこそファンとアイドルの線引きがきっちりしてて、櫻井くん何考えてんだろう、ってヘコむ夜も沢山あるけど。

だってああ言えばこう言うんだもん(笑)

 

 

でも思い返してみるとすっごくすっごく毎日幸せなんですよね、櫻井くんのおかげで。日常の一部にもう組み込まれてる。

(実際櫻井くんが日々の彩りってくらい軽いオタクになって毎日たのしー!ってやってみたい感もあるけど)

 

 

こんなこじらせた女を受け入れてくれる櫻井くん。本当に大好きです。

 

 

 

すーっごく顔がタイプで好きになったけどね。今はあなたのその紡ぐ言葉が。優しさが。芯が強いところが。なんだかんだ言って私達を大切にしてくれるところが。夜に赤札の赤貝買って飲むくせにS字フックが売ってる場所を知らなくて、すっごく穏やかなのに時折すっごく面倒くさくて、たくさんたくさん矛盾を抱えた人間らしいところが。照れ屋さんで直接気持ちを言えないところが。笑い上戸でいつも大口開けて手を叩きながら笑うところが。実は感動屋さんで涙もろいのに泣けないところとか。変にプライド高いところとか。すっごく気遣い屋さんなところとか。なのにカメラが回ってても全然気にせず豪快にシャツに手突っ込んで背中掻くところとか。歌うときの鼻にかかった甘い声とか。メンバー思いで世話焼きなところとか。ライトを浴びて立ってる後ろ姿とか。

 

 歌って踊ってるところも、キャスターやってるところも、演技してるところも。もう全部全部。

 

キリが無いくらい、たくさんの好きがあって、しかも毎日色んな好きを発見できる。

 

 

これってこの上ない幸せだよね。

まさしく私のHappyだよね。

 

 

これからも沢山好きで居させてね。

すぐ考え込んで落ち込みやすい私だけど、

これからも追いかけて行くことを許してね。

まあ許してくれなくても這ってでもついて行くし結局あなたからは離れられません。(笑)

 

 他人想いな貴方が、幸せになれますように。そしてそんな貴方の幸せの一部に、私がいられますように。櫻井くんがアイドルを21年間も続けてくれたということに感謝して、これからも、ただ、前だけを。死ぬほど無理してもいいけど、ちゃんと見守ってくれる人のことを忘れないで、助けてもらうんだよ。沢山の人に愛されてるんだから。あなたがどんな選択をしても、ついていく所存です。私も、ただ、前だけを。

 

"こんな景色はみんなのおかげ"

って言ってくれたあの日、私の日々は報われたよ。これからも一緒に、たくさんの景色を見ていこうね。

 

 

今日が櫻井くんのことを改めて考えるいいきっかけの日になったので、貴方のことを考えて眠ります。

 

 

 

 

拝啓、櫻井翔様。

大好きです。

どうか身体には気をつけて。

 

 

言いたいことはたくさんあったのに、結局伝えたい言葉は全部削ぎ落とされてこれだけでした。言葉になんてするのもったいないしね。逆に澄んでいて、清々しくて、自分でもなんか安心した。

 

 

まだまだ櫻井くんを好きでいられそうです。

なのでこの手紙は終わらせません(笑)

 

 

 いざ、共に、未来へ。

 

 

 

まずは、早く会おうね。

ステージ上終身雇用なあなたを応援する、

ステージ下雇用な(いつかその枠を抜け出す予定の)私より。